さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

ジーク ジオン(笑)

今回初めてRG(リアルグレード)作りました。

出戻りにはキツイほどのリアルなガンプラ!そして骨組みが細くパーツの厚みも薄い・・・「白い悪魔か」

今回の自分的お題はパチ組(素組)でと表面処理して、モールド(溝)墨入れにトップコートでいかにカッコよく

時間短縮に低コストで夕方からまったり作業・・・なにぶんパーツが小さすぎて、表面をペーパーの

800番で削り、細かい部分は洗剤を少し入れた水を、激落ちと言う研磨剤が入ったスポンジでゴシゴシ

そのままトップコートを吹くと色が乗らなく、きっと直ぐ剥げて来ます。

さらに骨組みの樹脂は色塗ってはダメなんですが塗って見ました!

惨敗です。普通に全塗装すると下地にサーフェイサー吹くと正直、色が剥がれにくいと言うか表面の傷も

ある程度埋めてくれますし削り残しや修正しやすいですね。

それとパーツを切った部分が白くなったりメタリック系のパーツやメッキパーツは切った部分が黒くなる・・・

今回は失敗ですが写真載せてみます。



DSCN0050
DSCN0051
基本、格パーツの色をそのまま使いモールド(溝)にエナメル塗料を流しトップコート
だけで仕上げてみました。



DSCN0055
DSCN0056
DSCN0054
トップコートつや消しを今回使ったのですが粉が出ていまして失敗「ザクとわ違うのだよ」トホホ!

正直に言いますと「もうRGは作りたくない」が本音(笑)1/144クラスはHGが自分的に優秀かと思いました。
MGは値段が高過ぎて手が出ないですが^^;今回は失敗でしたが次行ってみよう! ジーク ジオン!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ついに出来上がりました。

8月13日に一般発売が始まりアマゾンさんで1188円で予約で8月30日お届け予定でしたが何日か忘れましたが早く届きました。

今回素組で終わろうと思いましたが・・・全然見本と色が違う、そんなこんなで写真で説明します。




この見本のミニ四駆を見て買ったのですが・・・なんと!



DSCN0013
前後サスペンションが真っ黒だ、見本のレッドにスプリングがシルバーは塗装・・・予想はしていましたが







この「くまモン」と車のデザインが凄くマッチしていてタミヤさんに感謝!




今回はボディーとリアウイングと前後サスペンションの表面処理を(ペーパー掛け)塗装しました。



DSCN0058
使用塗料
クレオス Mr.サーフェイサー1200(細かい傷を目立たなく塗料が剥がれにくする下地)
クレオス Mr.カラー8番 シルバー (スプリング塗装)
クレオス Mr.カラー2番 ブラック (ボディーとリアウイング塗装)
クレオス Mr.カラー3番 レッド(前後サスペンション一部塗装)
クレオス Mr.カラーGX スーパークリア(仕上げのつや出し塗装)
タミヤエナメル塗料 XF-1 フラットブラック(スプリングの間に流し込み塗装)



DSCN0038
完成しましたがデジタルカメラで上手く撮影出来ておらず、ほこりも目立ちすいません。



DSCN0039
DSCN0041
DSCN0044
DSCN0045
本来ならステッカー貼った後にクリアー塗装するんですがステッカー自体かなり弱そうなので
ボディーにクリアーを吹きコンパウンドで磨きステッカー貼りました。



DSCN0043
タミヤさ~ん!くまモン!ありがとう!私は熊本で無いですが応援!ブォォォ~ン

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20年ぶりにガンダムUCを見てプラモデル制作出戻りしました。

プラモデル制作もガンプラだけでなく心を打たれたプラモデル全般楽しく制作したいと思います。

最近のプラモデルは価格も高く、パーツ数も凄い多くビックリです。

逆を返せば色分けされているので初心者の方でも少しの塗料で「かっこいい」「可愛い」と言える

プラモデル制作出来ると思います。

今まで全パーツ塗装していましたが今回プラモ制作にあたり時間を短縮して、いかに低コストで

初心者の方にも優しい方法も探して行きたいと思います。

まだデジタルカメラで上手く撮影が出来ないですがお許しを!これからUPしていきます!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ