さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2014年12月

100均に行って来ました。紙粘土も種類としては3種類ぐらいでしょうか。

軽い紙粘土はグラムが少なく、色付きがありましたが、今回は普通の重みがある
紙粘土にしました。

今回は紙粘土自体に色を混ぜてやってみようと思います。100均のセットの絵の具です。
そして骨組みに100均のアルミ針金、曲げやすく使えます。

前に使っていた紙粘土で絵の具が混ざるか、削っても大丈夫か、乾きはいいか
テストしました。普通に混ざり、乾きも良好でした。
100均の紙粘土はテストしていないので、やってみます。


DSCN0144
こちらが100均の紙粘土です。標準500グラムです。


DSCN0145
水彩えのぐ12色です。これで100円なんですよね。


DSCN0147
アルミ針金です。骨組みに使います。


100均も色々と使える商品が沢山あってビックリしてます。紙粘土も一回
テストしてみますので、また報告記事します。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回はフィギュア制作に使う、材料選びと、特徴を書きたいと思います。
もう造型が凄い事になってきている。自分が使った感想ですので参考程度に!

■ 紙粘土
手軽で遊び感覚で使用出来ると思います。値段も、100均である見たいですが
昔と違い紙粘土の質がかなり向上されてますね。

【良い部分】手で自由自在に形を作れて、水でのばしたり出来ます。匂いもありません。
固まった後のペーパー掛けもどちかと言うと削りやすいです。折れた&ヒビになっても
水である程度引っ付きます。

【悪い部分】乾きは良くありません中途半端に表面が固まりヒビが入り一気に盛り付けると、中が半渇きで折れます。固まっても部分的に折れやすく、ヒビが入りやすいです。
保管をちゃんとしないとカビや匂いが出たりするので注意です。『経験者は語る』

【総合的】手軽に子供さんや初心者さんに優しいと思います。色付きの紙粘土も出ています。

追記 石粉粘土があるのですが、紙粘土と似ており、軽量かつ目が細かく表面もツルツル
コストも300~500円程度ですが質がいいです。

■ポリエステルパテ
良く車の板金に使われてる。硬化剤と混ぜる仕様のパテです。

【良い部分】直ぐに固まる、ペーパー掛けもやりやすい、パーツとパーツの連結が
やりやすいです。

【悪い部分】手でこねたり出来ず、紙粘土の様に自由自在に形を作れないです。
盛っては削りの繰り返しです。造型初心者さんには難しいかもです。

ここが一番に問題かもです。匂いは半端なく臭いですので、換気しないと中々
匂い取れません。
盛ったパテが痩せていきます。シュポォォォ~と(笑)肉痩せ&気泡が結構あります。

【総合的】フィギュアの制作部分によって使い分けに良い感じがします。

■スカルピー
ちょっとしか使った事がなく、かなり昔になるので参考にならないですが、オーブンで焼くと
固まるのが特徴です。スカルピー&スカルピー粘土もそうかな?

【良い部分】オーブンで焼いて、固まるので、紙粘土と違い焼かない限り、形を自由に出来る。手の体温で柔らかくなる。

【悪い部分】少ししか使ってなかったので、ざっくりですが、オーブンで焼いて、固まって、ペーパ掛けすると
ザラザラ感があった部分ですね。昔なので向上してると思いますが

【総合的】色々な方のブログを拝見しましたが、初心者さんでも扱える材料かと思えます。グレースカルピーだと使いやすそうですね。

■エポキシパテ
粘土の様な感じで2つを混ぜ合わせると硬化するタイプのパテです。

【良い部分】肉痩せがなく硬化しても折れたりヒビが入らない、紙粘土と同じ様に手で自由に造型が出来ます
特に折れやすい指や服の様な厚みがない部分にも適している感じです。

【悪い部分】説明書に『水をつけながら整える』と書いてますが、水で伸ばしにくいです。紙粘土より硬く
ペーパ掛けも硬い感じがします。

【総合的】フィギュア全体に使うパテでなく例えばモンスターの牙や、美少女系のスカート、指の部分には
使いやすいと思います。値段もグラムで考えると高めで普通タイプだと硬化がかなり遅いですが、
速硬化タイプも出ています。匂いは無いです。


フィギュア制作も自分で使いやすい物で、部分的に考えると楽しいかもです。
昔と違い、様々な材料、素材も出てるので、参考になるか分かりませんが、今まで使ってみた感想です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

BANDAI妖怪ウォッチ『コマじろう』です。
今回も作業出来てませんが、レビューしたいと思います。



家電量販店で、税込み691円で購入しました。
コマじろうはネットで値段が高く、近くの家電量販店で最後の1個でした。



DSCN0134
正面です。少しシールを貼らないと分かりにくいと思い、目と口だけ貼ってます。
口のシールは子供さんでも貼りやすい様に切り込みが入ってます。
眉毛のインパクトは抜群ですね。後スマホを持ってるのも可愛いです。



44

後ろです。フロシキが、また可愛い訳ですよ!さらにフロシキを開ける事が出来ます
フロシキの中に、おまけパーツを収納出来ます。
頭の真ん中の丸い部分を押すと、正面の顔が外れます。おまけで、もう1個付き
1つ残念なのは眉毛の肉抜きです。



DSCN0135
横です。頭がもう少し大きくてもよかったかな?フロシキの良さは抜群ですね。



DSCN0136
こんな感じでパーツの合わせ目が~!
今度、合わせ目の消し方を動画にアップしたいと思います。



17

付属のパーツとシールです。顔の差し替えと、腕の差し替えです。
シールは一度貼って剥がすと、粘着力が無くなるので注意ですね。



44

台座と、おまけパーツです。セリフ入れる事が出来ます。
右下のパーツは別売りのコマさんと、台座で繋げる事ができます。台座裏に
このパーツも収納できる見たいです。



いつも撮り忘れる事が多いのと、写真も初心者なのでスイマセン今回はこんな感じです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

すいません、頑張って制作と思ってたのですが、エアブラシも色が漏れて
おまけに目が回ってしまい作れてません。そんなこんなで途中のガンダムUCをUP!!!


DSCN0096
こちらは元の角ですが、厚みがあり細いです。モールドも浅くHGガンダムUCで
一番に残念なパーツです。ここを変更する事にしました。



DSCN0098
本当は元パーツでと思ってたのですが・・・あまりにも、めんどうになり(笑)
MGの角があまっていたので変更、大きいのでカットしながら削ってましたがwww
まだ大きいですね(笑)途中なのでツッコミは無しで!



DSCN0101
うん!シャープで先も良い感じです。前記事の塗り分けも上手くいった妄想(笑)



DSCN0100
HGガンダムUCは一番良いスケールモデルだと思う。自己評価ですが
値段とバランスが良いです。MGは足が長く、横から見たらボリュームがないです。



DSCN0108
バーニアも最近はメタルパーツですが、はっきり・・・そんな高いのは無理~!
今回はバーニア内を黒にしました。次回があるか分からないですが(泣)

今度PGガンダムUC出ます。LED別売りでサイコフレーム発光しますが
普通に買えないプラモです。値段とMGベースな感じで残念!
これから作れるか分からないけど、プラモや玩具は楽しいです。是非作ってみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ