さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2015年04月

やってみた結果!全然いけそうですね。焦げないし(笑)色々と疲れた~!
少し休憩します。また目が回ってる(泣)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

どうも地獄を見てる!さと山です。

ガルパンⅣ号戦車D型改を制作してますが、もう説明書がね(笑)
ネット検索の嵐ですよ!調べたところ、H型の転輪じゃなく・・・改造しようと思いましたが

『無理だぁぁ~!』
ある程度、接着して、はみ出た接着剤を処理しながら制作!パーツ分けが細かいので
かなり角が立っていて良いですが、ほとんど合わないです。

今回はシャドー影を出す塗装と考えてますが、エアブラシ的にキツイ感じですね。
ウェザリング汚しも、パステル系やエナメル汚し嫌いなので
筆でドライブラシの感じで部分的にと考えてます。



DSCN0470
パーツ貼り付けで隙間が出る事が多いです。はめ込み部分も入らず、カットしてます。


DSCN0471
バランスが崩れていくので注意ですね。


DSCN0472
バンダイのプラモデルよりはパーティーラインが浅かったので助かります。
思ったより早く出来上がりそう( ̄ー ̄)ニヤリッ

後ピンバイス穴開けは全部1mmです。穴を開ける部分、結構深く元々開いているので
ピンバイスでなくても大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

まだまだ序盤ですが、制作にあたり、注意点を記事にしたいと思います。

※注意1 【完全接着】
ガンプラの様に、はめ込みで、パーツ分けで塗装出来ますが、接着剤を使う部分が
ほとんどです。

塗装したパーツに接着剤で付ける場合、少量の接着剤で大丈夫な部分なら良いですが
広範囲での場合だとパーツから接着剤が、はみ出てしまい色が剥げたり
ツヤが出てボコボコになります。

自分的な制作方法は、簡単に言えばグループ分けの感じで、接着剤が少量で大丈夫な部分
色分けしないとダメな部分、塗料が噴き付けにくい部分です。

全部組み上げての塗装は、どうしても奥まで塗料が入らず、墨入れも困難になります。
対処法は広範囲の接着は普通の接着剤で、隙間が出来やすい部分は
クリップで挟んで下さい。小さいパーツは、つまようじに瞬間接着剤で塗る事をお薦めします。

※注意2 【説明書】
かなり分かりにくいです。初心者の方は、説明書に記入されているマークを必ず見て下さい。
説明書の絵が凄く分かりずらく、完成イラストがモノクロなので注意して下さい。

※注意3 【パーツ】
ニッパーでカットする際は必ず、説明書をよく見てカットして下さい。
かなり小さいパーツがあるので、出来ればニッパーも先端が薄いタイプが良いです。

パーツに、はめ込みのオス(でっぱり)とメス(穴の開いてる方)があります
結構はまりません。パーツとパーツの間に隙間ができます。

対処法はオスをデザインナイフで少しカットして調整が良いです。
パーツが小さい場合は接着するまで、小物入れに入れて下さい。


DSCN0465
DSCN0466
こちらがオスです。結構バリがあるので少しカットして下さい。


DSCN0467
こちらがメスです。穴がある部分です。

また今から作ろうと思ってる方や初心者の方(*´ω`*)いつでも質問やコメント下さい。
皆で楽しく制作しましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

プラモデルにかかせないヤスリ(。-`ω´-)
とくにガンプラに必要な紙ヤスリ&耐水ペーパーです。

そのままゴシゴシすると、ガンプラの角が丸くなってしまいますよね。
棒ヤスリも10年前の物で結構、傷が入ります。道具も自作で、出来るだけ安く(笑)

アクリル板?(タタラ板)とコーナンさんで
売っていた両面テープです。400円ですが、なんと長さ10mでお得感(°0°;)ノ

厚みが0.16で幅が15mmです。今回はある板で代用ですが、もう少し
厚みがある板で水平で直角であれば大丈夫です。(金属系は傷が入りやすいかも)


DSCN0448
こちらがタタラ板です。シルバーリングの厚みを1.5mmにする為、購入した物です。
厚みが、もう少しあると良いと思います。薄すぎると、そり返しで角を削ってしまいます。
板はガッチリ曲がらない厚さが良いかもです。


DSCN0447
ニトムズさん両面テープ 長さ10m幅15mm厚さ0.16mmです。透明で
くりかえし貼れるタイプです。一度貼った紙ヤスリを剥がしてみましたが、ちゃんと
テープだけ残ってました。くりかえしも限度はあると思いますが、10mもあるのでお得


DSCN0450
板が代用なのでスイマセン(笑)板も両面テープの幅と合わせて買えば楽です。



DSCN0451
白の紙を外すと透明テープが(*´ω`*)おぉ~!
少し残念な事は、板の角を巻きつけて貼るには厳しいです。


DSCN0452
図って貼るのが、面倒な方は紙ヤスリをある程度に切って貼り付けて、板の裏から
デザインナイフで切って下さい。


DSCN0453
ガルパン戦車で使ってみましたが、紙ヤスリはガッチリと取れませんでした!
自分は初心者に毛が生えた程度ですが、ネットやショップで売っている道具
高いんですよね。

100均やホームセンターも代用できる道具が沢山あるのでプラモデルを始める方
道具も自分に使いやすい物や作る事も楽しいですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガルパンの車輪、かなり集中しないと失敗しそうです。
ルーターでかなり微妙に細かく削らないとアウトですね(笑)

長時間出来ないので、合間に造型の勉強してましたが、ホットプレートでも全然、硬化しますデザインナイフでサクサク削れるので良いです。160℃で30分目安です。

グレイスカルピーの硬さは石膏粘土とポリパテの間の感じですかね!


DSCN0446
このクマはホットプレートで焼いた・・・違うか(笑)蒸したかな?


DSCN0443
これがガルパンの車輪です。まだ全部でないのですが、ゆっくり丁寧に(笑)


DSCN0445
まずは骨格の勉強・・・画像見てないので全然ですが、スカルは焼かずに練習です。
焼かない限り何回も使えるのです。ワハッハ~!



DSCN0444
いい感じでパンチが無いですね(笑)もっと練習していけばオッサンでも頭に入るはず
予定は未定な脳みそ(笑)今回の記事は、オッサン一息入れようでした!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ