さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2015年05月

エアブラシばらして・・・また動いた?色は漏れ漏れですが、連続使用しないように

今回の記事は塗料についてです。まだまだ使った事がない塗料が沢山ですが
自分的に感じた事を書くのでスイマセンφ(.. )

プラモデルだと基本はアクリル系、アクリルラッカー系、エナメル系、水性系かな?


DSCN0575
こちらMr.カラーでアクリルラッカーと言われてます。自分はこれを使ってます。
乾きが早く硬化すると硬いです。濃度も濃い目なので、溶剤でかなり薄めて
エアブラシ使ってます。よく色の2、3倍薄めてと書いてますが、『濃度やろ?』

そう言いたい!匂いもキツイですが、かなり薄めるので、お得感(笑)


DSCN0576
タミヤ アクリル塗料です。ん~いまいちアクリルとアクリルラッカーの違いがね?
成分みると水が記入されてました。こちらは乾きも微妙に遅くて
乾いても剥がれやすく弱い印象かな?濃度もMr.カラーより薄いので溶剤がお得!

水性カラーも同じ感じが(笑)


DSCN0577
タミヤ エナメル塗料です。かなり乾きが遅いですが、伸びがよく発色も綺麗です。
乾くと剥がれやすく弱いかな?一番の需要は塗り分けやスミ入れ!
ただ溶剤が浸透しやすくパーツが折れる&ヒビが入る。

アクリル系の上から塗ると溶剤で拭き取れてアクリル系が剥げにくい!


DSCN0578
今回使ってみたクレオスのウェザリングカラーです。スミ入れも出来る。
専用のうすめ液と・・・結構拭き取れない(笑)今度トップコート噴いて試してみます。
アクリルラッカーの塗装部分も綿棒で拭くとエナメル溶剤より少し剥がれにくいかな?

他のメーカーさんも試してみたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

もうヤバイかな?熱が異常に・・・ホースまで熱く制作が困難だ

塗料もかなり薄めてますが、熱でエアブラシ内が固まる・・・夏場でも無いわぁ~!
買った時もネット販売がイヤで店頭で買いましたが、最初から色が勝手に出る

ダブルアクションの様にノズルを引いてからエアが出るのでなく、エアは出っ放しで
ノズル引くと塗料が出る仕組み・・・流石にタミヤさん、我慢してたけど製品としてヒドイ

エアブラシの初心者でない自分だから使ってましたが、これ初心者の方は使わない方が
良いです。選んだ自分が悪いですが・・・製品としては酷いです。

あぁ~ガンタンクも中止!ゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

タミヤさん好きだったのに残念だ!自分なりに選んで、メーカーさんを
ある意味ね信用して無いお金を使って購入なんですよ!

一度交換してもらってますが、変わらず漏れてました。テストもされているのでしょうか?

買う余裕も無いし・・・もっと頑張ろうと思ってた矢先!ブログに書きたくなかったけど(泣)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガールズ&パンツァーⅣ号戦車D型改 H型仕様 製造&販売元 プラッツ

完成しました。かなり足らない部分がありますが、ガルパンの大洗マークと、あんこうマークで十分、ガルパンの世界を楽しめました。

戦車の製作はじめてでしたが、色々と勉強になりました。


DSCN0558
DSCN0559
あんこうマークのデカールの部分を、ちゃんとカットするべきでした。


DSCN0560
DSCN0561
DSCN0564
さと山ヘナチョコ二等兵レシピ

■ 表面処理
 細かいパーツが多くキット自体がザラ目か付いていたので
ランナー処理やパーツが、はめ込めない部分をカットとヤスリで処理しました。

■ 組み立て
今回は戦車ではめ込みプラモデルでなく完全接着で、全部組み上げて塗装を考えましたが
どうしてもパーツが入り組んでるので部分的に接着しないと塗装出来ない部分があります。

■ 下地
1000番サーフェイサーで塗り、少しシャドー塗りをするためマットブラックで塗装
影を残す部分を避けてホワイトで塗りました。

■ 塗装
タミヤスプレーワークエアブラシで塗装です。口径0.3

■ 塗料
ベースのブラウン系ですが、説明書ではMr.カラーのレッドブラウン80%ホワイト20%ですが
かなり濃いブラウンになったのでレッドブラウン60%+ホワイト30%+ウッドブラウン10%
Mr.カラーです。

【転輪部】 説明書でMr.カラーのマットブラックですが変更で
Mr.カラー マットブラック60%+ホワイト40%で塗り車輪の外側を後塗りのエナメル塗料で
塗り、綿棒で落としました。

汚し塗装は半光沢トップコートを吹き、筆でタミヤエナメル塗料
クロームシルバーで汚しました。

【キャタピラ】 Mr.カラーの黒鉄色100%に汚しは転輪と同じです。

【木材部品】 説明書ではMr.カラーのウッドブラウンですが、変更です。
かなりアニメの色より濃いので、Mr.カラーサンディブラウン100%で塗装

説明書では、ほとんどブラウン系で塗られてます。アニメを見て木材部品は全部変更です。
スコップ?の先端やブラック系は黒鉄色100%に、タミヤのエナメル クロームシルバー
筆で汚しました。

【テールランプ?】 戦車に詳しくないので間違ってたらゴメンなさい。
後方の画像を見てもらえば分かりやすいかもです。オレンジ系はMr.カラー
オレンジイエロー100%です。エナメルが無かったので(笑)
レッド系はタミヤのエナメルのレッドです。

※注意 後方画像の右のランプは説明書に記入されてません。
説明書に使用しない部品で記入されてます。G-12番です。もちろん穴開いてません。

【トップコート】 Mr.カラーのスーパークリアつや消し(エアブラシ用)です。

【スミ入れ】 今回Mr.カラーウェザリングカラー マルチブラックでやってみました。トップコート無しで使ったところ、乾くとかなりのシミが残りました。

■ 改造加工
装甲シュルツェンはプラ板1mmで1枚づつ重ねていき、本来入っていない先端部は0.5mmの
プラ板2枚でビス穴をピンバイス0.5で開けてエポキシパテを裏から押し出し制作です。

キットは鉄系で接着出来ませんでした(笑)瞬間接着剤も無理でした。


DSCN0562
DSCN0563
DSCN0565
DSCN0566
DSCN0567
贈ってくれた友達や応援してくれた方、見てくれた方へ感謝です。『ありがとう』
ガルパンもこれから応援します。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

気になった部分をリサイクルで加工しようと思います。

ガンタンクのボディー部分です。頭部のクリアパーツと同じ感じにしたく(`・ω・´)

クリアパーツのランナーで、切り取って制作


DSCN0548
こちらノーマルです。


DSCN0549
このランナーの四角い部分を切り取りヤスリでゴシゴシ!


DSCN0551
できるだけヤスリも1500番位で仕上げてクリアー塗装の予定です。


DSCN0552
こんな感じで、この部分は塗り分けもかなり奥なので大変なのでパーツ組ました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガルパンも完成が近づいて来たのでv( ̄∇ ̄)v

ガンタンク参ります。思ったよりヒケ(凸凹)が無かったので少し楽ですね。
パーツ数もPC(ポリキャップ)入れて150個位かな?ちゃんと数えてないですが!

下地はいつもの1000で塗り、削り残しの確認・・・なっ!なんやて(笑)
やっぱり500円ニッパーで切るとランナーごと、ちぎれてパーツに穴がね(;´Д`)

ニッパーも大事だ!ゴットハンドニッパー要るね、作業時間もかなり短縮

はめ込みパーツもガッチリしてるので、ある程度組んで、塗装した方が安全かな?
はめ込み部のオスに色がのり過ぎると、はめ込む際に、はまらず折れる場合があるので!


DSCN0547
色も変更して少しダメージ塗装をするか悩んでます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ