さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2015年07月

造型フィギュアの勉強を兼ねてv( ̄∇ ̄)v

グレイスカルピーを使用してますが、角や細い部分、薄い部分がボキボキと折れます。

やっぱりホットグリルはダメなのか?
でも固まってる感じはするのですがΣヾ( ̄0 ̄;ノ加熱の問題やろか?
ま~ええか(笑)そう独り言を呟きながら制作です。

うまるちゃん制作で特に折れそうな部分をエポキシパテに変更です。

エポキシパテの特徴は粘土の様にコネコネ出来ます。


DSCN1022
こちらエポキシパテです。この二つを混ぜる(こねる)と硬化します。
出来るだけ同じ量が良いです。こちらも色々タイプがあります(これ箱捨てたので分からん)

硬さは硬化後は強いです。柔軟性もある様に思えます。角がかける部分や
例えば服の裾部分、髪の毛部分も特に角を立たせたい、薄く作りたい!
そんな部分にお薦めです。

短所ですが、伸びが良くないかと思うので、部分的が良いかと思います。


DSCN1021
完全に硬化する前に手で少し曲げたり、ある程度をカットします。硬化すると硬さ(強)(; ̄Д ̄)オッサンまた腱鞘炎やがな(笑)

うまるちゃんの前髪は100均のアルミ針金を通してます。位置を調整するので
曲げやすいタイプにしました。


DSCN1024
俺の前歯かっ(笑)それにしてもやり直しだらけですね。
口も彫りこみしないと変ですね(゚ロ゚;)エェッ!?今日も問題なしな失敗です。


DSCN1023
ホットグリルで焼いている間にリアルな人間を練習です。焼かない限り
何度でもやり直せるので安心!

フフフ( ̄ー ̄)ニヤリッ!密かに女子も作ろうと・・・ピ~~~~●●(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近うまるちゃんのオープニングの眼鏡かけたシーンを見て(笑)
これはチョッパーと匹敵するキャラで勉強の一環として制作したくなりました。

ワタクシ(; ̄Д ̄)おっさんですが、アニメ全般が大好きです。最近こそ美少女系を見ても
OKな時代ですが、昔ミンキーモモを作っていたら『えぇ~?』そんな空気でした。

心の叫びですが『デザインも良く、可愛いし夢があるやんけ!』そう思うのです!
そんな感じでグレイスカルピーで制作です。

プリンターインクが無く(笑)録画したアニメを見ながら制作です。
またアナログ制作!サイズも適当な(汗)

ねんどろいどシリーズの、うまるちゃんも可愛いですが、ふっくら顔に心を
バキューン( ρ'ω')====⊃


DSCN1018
グツグツ煮る(笑)自慢でないですが、一番安いホットグリル (。-`ω´-)
かもぼこ板だぜ~!160℃で保温されますが30分でグツグツ蒸す(笑)

少し温度上げると少し焦げ付きました。半焼けでも繰り返し、蒸し焼きすると硬くなる。
カットする際、熱がある時にデザインナイフで簡単に切れる。


DSCN1017
結構フードが難しい(笑)
パーツ分けしたかったですが、練習ですね。鼻から口を、もう少し出した方が良かったかな?
骨組みは胴体と顔の間に(笑)つまようじ!手と足は柔軟性がある針金を考えてます。

いや~立体だす事は難しいですねΣ( ̄ロ ̄|||)シワも作らないと・・・(笑)

第3話の呪オウンの犬も結構作りたい!不定期ですがアップしますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりに『白い悪魔』ファーストガンダムを組みました。

時代と共にクオリティーが高くヾ(´ω`=´ω`)ノ凄いの一言ですね。

それではパチ組みレビューしたいと思います。さと山行きま~す!


DSCN0950
HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム(REVIVE)
パーツはA,B,C,SB-13(スチロール樹脂:PS)です。


DSCN0951
ポリキャップが(PC-002)ガンキャノンと同じです。


DSCN0952
こちらがSB-13です。同じスチロール樹脂でも違うんですね(笑)
Cパーツも柔らかいので注意です。


DSCN0953
今回のシール系はホイルシールだけです。


ボディー


DSCN0955
DSCN0956
色分けされてます。内部はガンキャノンと、ほとんど変わらない感じですが
首の部分がポリキャップで後方に肉抜きがあります。


DSCN0957
合わせ目部分は段差がついた溝が彫りこまれてます。(段落ちモールド)


ランドセル


DSCN0959
バーニアもガンキャノンと同じかと思います。


DSCN0960
ビームサーベルが意外とカッコイイです。予備は付属されてないので、取り外して使用です。



DSCN0965
顔パーツは合わせ目消しが必要ですね。まだ後ハメ加工を考えてないですが
加工しやすい印象が!更に目の部分がクリヤーパーツのイエローで感動です。



DSCN0970
今回、組んでみて腕が一番に優秀かと思えました。肩部分も、合わせ目消しがなく
そのままで十分です(つд⊂)ゴシゴシ!バンダイさんやりましてね。


DSCN0977
少し残念だった部分は、手の関節が最初から緩くなってる事だけが(笑)



DSCN0980
DSCN0981
もう最近だとお馴染みですね(笑)凄い可動です。


DSCN0982
脚の裏の肉抜きです。


DSCN0983
ふくらはぎに合わせ目消し箇所がありますが、ここは単独パーツなので
問題なく消せると思います。腰部分、撮り忘れました(笑)
腰もガンキャノンとほとんど作りは変わりません。


武器


DSCN1016
ハイパーバズーカとビームライフルは合わせ目消し箇所ありです。


DSCN0990
DSCN0992
DSCN0991
DSCN0993
DSCN0994
DSCN0996
DSCN1002
DSCN1003
盾も装備可能!カッコイイです。


DSCN1004
DSCN1005
ハイパーバズーカは腰の後方のパーツを外し、付属パーツで装備出来ます。


DSCN1006
DSCN1007
肩の可動が凄いです。値段も759円で・・・こんな動くのか?
感動しました。買う側で考えて、パーツ数も少なくストレスになりにくいのが更に良く
値段も安い設定なので、素晴らしいです(ノ◇≦。) ビェーン!!

このガンダムで少し制作をとめて、造型の勉強したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ガンプラ制作を少し、お休み(。-`ω´-)ノ造型の特訓です。

今回もグレイスカルピーで練習!アニメ干物妹うまるちゃんです(笑)特に人物の顔を
練習したくチャレンジです。

初挑戦なのですが、友達に貰った、黒猫があったので、それを見本にしました。
うまるちゃん家バージョンは3頭身あるか?ないか?キャラなので、ねんどろいど系があれば見本にしやすいかもですね。



勉強点


勉強も作る事だけでなく見る事もかなり重要と思いました。

自分で安いフィギュアを探し1体買い、それを見本で練習しながら自分のオリジナルを作って
みる事も楽しい第一歩かと思います。

どんな部分が丸まってるのか?どの部分に凹みがあるのか?どんなバランスなのか?
どこでパーツ分けされているか?勉強要素だらけです。
もちろんイラストにしてみる事も勉強、素材選びでの失敗も勉強になるのです。

技術はやればやるほど身に付きます。『自分もまだまだです(笑)』でも少し身に付いた部分
発見は必ずあったりするので本当に勉強になります。


DSCN0938
こちら失敗してます(笑)グレイスカルピーは、ある程度、造型してから
焼いた方が良いですね(笑)自分みたいに削ってばかりだとスカルピーの減りが(笑)


DSCN0935
うまるちゃん流行気味なワタクシ(; ̄Д ̄)
かまぼこ板に顔の前面部分だけ造型です。初心者の方は特に型崩れや
バランスがとれないので、前だけ作り、焼いて盛り付けが良いとプロの方が
言ってた事を実行です。

少し使ってみて思いましたが、少し手の熱で柔らかくなりすぎて逆に制作しにくい
人もいるかもです。

解決策でスーパースカルピー(肌色)はグレイより硬いみたいなので混ぜている人
多いようなので、自分にあったスカルピーを試してみて下さい。


DSCN0937
あっ!ソフトクリームですよ(笑)道具ですが、シルバーリング製作で使っていた
スパチュラーです。彫りこんだり、くぼみを付けたり、色々と種類ありますが
値段もそこそこ高いので、自分にあった道具を作る事も良いかもです。

今日も勉強になりました。人生も失敗してますがΣ( ̄ロ ̄|||)
失敗は成功の元と心に囁き『さと山ネバーギブアップ』です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

なんとか制作できました。武器はビームライフルに接着剤がベッタリ流れ・・・溶けてしまうミス
25日から始まるキャンペーンでガトリングをGETして装備したいと思います。


DSCN0924
今回のイメージは別働隊203で、夜勤専用(笑)夜間に燃料タンクや極秘に爆撃隊!
カラーはXbox360のギアーズ・オブ・ウォー3に出てくるオニキスガードをモデルにしました。
精鋭部隊なのです。制作主のワタクシは老兵です(笑)


DSCN0914
DSCN0919
脚の部分・・・またミスしてしまった。段落ちモールドが浅く太ももと同じ様に
ブルーを入れようと思ったら幅もなく撃沈(笑)


DSCN0922



HGUC夜勤勤務だよ!ガンキャノン レシピ


■ 【表面処理】
400番~1500番でペーパ掛け

■ 【合わせ目消し】
肩、肘、膝、顔、キャノン砲、ランドセル、首の肉抜き部をプラ板加工

■ 【パーツ洗浄】
中性洗剤でポリキャップを除き洗浄です。

■ 【下地】
Mr.サーフェイサー1000、ガンキヤノンの関節部がキツイので薄く塗装しました。

■ 【塗装】
頭や胴体のベースカラーは、Mr.カラーつや消しブラック100%で、ウェザリングマスター
シルバーで薄く汚してます。

首、肩、肘、膝、脚の股関節部と脚首部はMr.カラー黒鉄色100%
ウェザリングマスターのシルバーで汚して半光沢トップコートを塗り、ウェザリングカラー
(マルチブラック)スミ入れです。

ダクト、モノアイ部、段落ちモールド部、腕の先端!ブルーの部分ですが
なんちゃってキャンディー塗装してます。ブラックの上からMr.カラーシルバーを塗り
Mr.カラークリアーブルー塗装(研ぎ出し)してません(汗)

キャノン砲、頭部のツバ、頭部アンテナ、バーニアはMr.カラーシルバーで塗りMr.カラー
スモークグレーで塗装しました。

ランドセル部は今回使ってみたかった、Mr.カラー焼鉄色です。少しブラウン系か?レッド系が混ざってる感じです。その上からスモークグレーを塗ってみました。

胴体部のイエローは半光沢トップコートを噴き、マスキングしてタミヤ フラットイエローを
塗って、はみ出た部分をエナメル溶剤で拭き取りました。

トップコートはベースのつや消し部分はつや消しトップで、それ以外は半光沢トップコートで
仕上げてます。

スミ入れは全てMr.ウェザリングカラー(マルチブラック)です。


DSCN0929
DSCN0930
DSCN0927
DSCN0928
肉抜き部の首もポリパテが乾かず、プラ板でやり直しでした('A`|||)


DSCN0931
DSCN0925
今回のガンキャノンは少し細めですが、これはこれで好きです。
少し残念な事はグレー系パーツが柔らかい事ですかね?凄く削りにくかった印象です。

今回は黒ベースでライトを持ってないワタクシは、撮影がかなり難しかったです(笑)
今回は予定変更ばかりでしたが、また勉強になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ