さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2015年11月

何故か違う事で忙しく・・・?病院いったり(´;ω;`)眼科行きましたが、異常なしです!

デカールのテストをしたく、ガンダムを急いで制作してますが('A`|||)割れました!

最近のHGUC・・・ガンキャノンも同じですがジョイント部(ノ`Д´)ノ特にガンダムは膝から
フクラハギがはまりにくい、関節部もガンキャノンに比べるとフニャフニャで(゚皿゚メ)

ん~?値段が安くて可動しますが・・・あまりにも作りにくい感じ(´Д⊂)

昔のキットの方が良い気持ちで制作出来る、イヤ楽しかったと言うべきか?


DSCN1543
痩せすぎなガンダム(笑)


DSCN1544
まさかの亀裂(泣)いやねキャンディー塗装なのでq|゚Д゚|p色を完全に落とし
やり直しなのです(笑)自爆気味なさと山ヘコム(*´Д`*)

はめ込みする時にチェックしないとダメですね(笑)
溶剤で落として、またやり直します!ピカピカに(俺の頭よりかっ!)

このガンダムは特にこの部分がはめ込みにくいので注意です^^

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

中々ブログ更新できずゴメンなさい(´;ω;`)今回はガンダム制作でクリアー色を
使うキャンディー塗装でのテストです。

関節部分はMr.カラーのブラック→シルバー→スモークグレーを使用です。

塗り重ねや希釈(溶剤で薄める)で凄く色が変わります(; ̄Д ̄)

今回のテストですが、ガンダムの脚の底の部分を黒光りにしたく、スモークグレーの塗り重ねでは限界があったので、ブラック+クリアーを混ぜてみました。

塗料の分量はクリア2でブラック1程度で・・・噴いてみると『ふごぉ~結構良い感じな色に』

混ぜたらクリアー色に近い感じにΣヾ( ̄0 ̄;ノクリアー多めに入れると、もちろん隠蔽力が落ちるので、微妙な色合いにしたい場合は多めで、クリアー色は定着も良いので使いやすい!


DSCN1540
ガンダムのランドセルですが、ブラック立ち上げからシルバーでエッジ部分の
ブラック残しつつ塗装して、スモークグレーで塗装です。関節部も同じ感じで塗装


DSCN1541
DSCN1542
今回のテストのブラック+クリアー厚塗りしたくなかったのでブラック多めでやってみました^^黒鉄色に近い色ですが、透明感&メタル感が出ました!

スモークグレーより、もちろん濃い目になりブラック系にヾ(´ω`=´ω`)ノ

塗装の変化は楽しいですね(笑)デカール制作で、中々制作できてませんが^^;
このプラモデルに自作デザインしたデカール、貼り付けたい感じです。

また違う色もテストしながら、デカールデザインも頑張ります。是非試してみて下さい!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前記事のプリントしたシートにトップコートを噴き付けしました。


DSCN1537
缶スプレーMr.スーパークリアーUVカットですv( ̄∇ ̄)vデカール自体の色の
退色を軽減、そう書いてたので(ノ`Д´)ノ値段640エディオン円です(笑)

2層噴き付け、3層噴き付けでテスト!2層噴きでもインクが滲み出なかった!

エアブラシの場合だと噴射量が少ないので3層塗りが良いかもです。


DSCN1536
水に浸けて貼ってみた感じ、市販の水転写デカールと大差が、少ない感じで
問題なく貼り付け出来ました。ただ近くで見ると濃い部分のプリントが(;´Д`)

インクジェットでは限界・・・8000円複合機が限界?自分に限界(笑)


DSCN1535
上のあんこうマークは余白無しでギリギリ切ってみました。シッポの部分( ・Д・)

滲んでない?互換リサイクルインクなのだが?ピンクの色乗りが良すぎる(謎)

隠蔽力(いんぺいりょく)テレビのリモコンに貼ってみた、全然透けない^^
ホワイトシート凄い!問題はクリアーシートかな?

思ったより良いシート(`・ω・´)きっとレーザーなら、もっと綺麗になる・・・はず(汗)
貼り付けも結構、動かせて定着も気になるレベルでない感じです。

水転写デカールて難しいイメージがあるけど、失敗でのやり直しが出来るのが強み+薄さ
欠点は角度がある部分や溝、かな?

では引き続き(≡ω≡.)クリアーでのテスト&編集やってまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回は家庭用インクジェットで作れる、水転写デカールをテスト(。・ω・)ノ゙


【使用した道具】

〇インクジェットプリンター ブラザーDCP-J540N複合機(8000円)

〇水転写シート ケイトレーディングのミラクルデカール(インクジェット用)A5サイズ

〇編集ソフト インクスケープ(フリーソフト)


まず今回はプリントのテストでホワイトシートをハガキのサイズに切り、3パターンをテスト

①まずは何もせずに、そのままプリント

②最高画質でプリント(意味ないかっ!)

③プリントする前にプライマー噴き付けて乾燥させてプリント(ベーススプレーの代打)

その前に※注意です。ミラクルデカールはA5サイズですが、測ったところ本来なら
A5は210mm×148mmのはずが(つд⊂)146mmでした。自分が間違ってるのか?

厚みはノギスで測ったら、台紙を入れて約0.2mmでした!では画像にて説明


DSCN1530
①と②ほとんど変化がないレベル(笑)
用紙設定は(その他光沢紙) 高画質ナチュラルで設定・・・印刷ポッチとなΣヾ( ̄0 ̄;ノ

でもケイトレーディングさん凄いと思った!8000円レベルのプリンターでも出来た(´Д⊂)
まだ喜ぶのは早いけど(汗)テストの壁が迫るルルル(ジューン)


DSCN1531
拡大すると分かりやすい1つの問題!『顔料だっ!』
検索すると、少し納得(; ̄Д ̄)顔料と染料の違い・・・さと山ヘコムしてます!

自分のプリンターインクはブラックが顔料で、残りは染料です。

顔料は紙の上にインクの粒子を乗せる感じで、染料は染み込ませる( ・Д・)
ブラック部分は特に汚い感じに(笑)濃い色の部分は特に厳しい感じです。


DSCN1532
ガルパンあんこうマークは綺麗に色が出てます。あと細い線も消えてしまう
インクが上手く飛ばないんでしょうね^^;


DSCN1533
今回はホワイトなので、前記事での隠蔽力(いんぺいりょく)まだ分かりませんが
クリアーでテストですね。


DSCN1534
③のプライマー下地は論外でした(笑)1層と2層で試しました。
予想では乾くと粘つきがあるはずが、無かった・・・逆にインクが弾いてました(泣)

ベーススプレーがどんな感じなのか気になる(笑)

明日はトップコート塗りで、問題の水に浸けてのテストです。染料は特に水に弱いので
プリントも失敗すると思っていたので、少し前進・・・悔しい自分と格闘だ^^

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前記事でフォトショップを(フォットショップ)と書き、友達からメール(; ̄Д ̄)謝罪!

完全に頭の中が混乱・・・慣れないデジタル(慣れたくもないわ)手順が頭の中でバラバラ

オーマイガッ!気持ち入れなおして、今回は隠蔽力のお勉強会です。

そもそも隠蔽力とは何やねん?今の時代にぴったりな説明で言うと政治家だな(笑)

勝手な説明ですが、隠す力、塗料で言う下地の色を隠す、塗料の隠す力?!

よくプラモデルブログで書かれている、隠蔽力ですが、プラモデルキットが
例えば黒パーツだったと考え白を上から塗装します(((( ;゚д゚)))

そうすれば下の黒が透けてますよね!これが隠蔽力です。
白自体の隠蔽力は弱い・・・ちょっと違うか(笑)そもそも黒の上からの、白は限界がある

顔料の粒子が大きい程、隠蔽力は上がる感じですが、光沢が出ず、綺麗に色が伸びない

例えばメタリック系は、それになるのでは?専門知識ないですが(*゚∀゚)っ

クリア透明、隠蔽力無しが一番分かりやすいかな?

下地の色とベースにする色を考えて組み合わすと、凄く良い色になったり
逆に隠蔽力を利用して、下地の色を浮き上がらせる( -д-)ノキャンディ塗装もそうです。

最近に実行テストしたピンク下地は白下地と違い、凄く自然に馴染んでいる感じでした
レッド系やイエロー系は明るく色が出てる感じで、レッド自体の隠蔽力も無いと思いますが

逆の意味で隠蔽力を使い発色させてるのかな~!そう思いました。

エアブラシでの良い部分は薄く塗り重ねる事が出来る^^ただ下地の色での限界はあります

まだデカール出来てませんが、一番試したい事はデカール自体の隠蔽力なのです(笑)

下地の色でどんな色のデカールになるか?例えばレッド文字でも色々な色で試してみたい

また慣れないデジタルの世界に(´;ω;`)記事あまり更新出来ませんが頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ