さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2016年01月

かなり表面処理(ペーパー掛け)に苦労&情熱&ドMな精神で(* ̄∇ ̄*)

一番の山場はABS樹脂の塗装です。5000円級のプラモは・・・怖い(笑)
値段的(((( ;゚д゚)))ロイヤルウルトラ細かく丁寧コース!!

ABS樹脂は有機溶剤&浸透しやすい点を考えながら・・・?調べてテスト(屮゚Д゚)屮 カモーン!


DSCN1661
まず塗装でのお友達です。

◎Mr.カラーレベリング専用うすめ液(エアブラシ用うすめ液)
完全に有機溶剤です。洗浄用うすめ液と違うのかな?

◎Mr.サーフェイサー1000
こちらも有機溶剤入ってますが、裏面の用途にABSが書いてあります!オオーw(*゚o゚*)w

◎Mr.カラーアクリルラッカー系です!
裏面に用途にABSは記入されてません(; ̄Д ̄)成分に有機溶剤・・・怖いな(汗)

全部に有機溶剤がっ(笑)でもコトブキヤさんホームページの熱い記事
ABSも塗りたいq|゚Д゚|p同じ気持ちですだよ!

Mr.サーフェイサーがABS樹脂が使えると分かっていても、エアブラシ塗装は
溶剤で薄めないと飛ばない・・・考えて見る(`・ω・´)一休さんにポクポク♪チーン!

出来るだけ溶剤を入れずに薄く塗っていく・・・だが!しかーし!

希釈(薄める)溶剤をあまり入れないと、ザラザラ&ボコボコになります。濃度が濃い状態に

よく言う『薄く塗り重ね』また難しい説明であります!エアブラシ距離を離すと薄くなります
ザラつきになります。

距離を近づけるとザラつきが無いですが、厚塗りになってしまい、有機溶剤が浸透してしまい溶けたり、破損しそうな(TДT)

おっさんの考えた塗り方!塗装膜1層目は溶剤をいつもより入れず( ´∀`)つ
エアブラシ距離を開けながら塗装の膜を作り、ボコボコ&ザラザラになった部分を
ペーパーで整えて、少し溶剤を足して距離も近づけて塗装( ´_ゝ`)ノ

一番に気をつけないといけないのが、1層目の塗装じゃないかな?勝手に考える(笑)

浸透しやすい=浸透する前に乾かす(勝手にまた解釈)ダブルアクションのエアブラシなら
塗った部分にエアーをあてる(プシュー)オオーw(*゚o゚*)w


DSCN1662
DSCN1663
エナメル塗料の浸透の破損(折れる)テストしてみましたが、かなり乾燥した折れ方ですが

ABS樹脂は、まず溶けすぎる感じになると思います。テストした結果です(汗)

スチロール樹脂の様に、失敗して溶剤に漬け込み(ドボン)は確実にパーツ自体溶けます(´;ω;`)失敗したらペーパーで落とすしかないのかな?

画像のABS樹脂は、触った感じカチカチに固まって今のところ問題ないです。

破損はまだ組んでないので分かりませんが、なんとか塗装出来ました。

缶スプレーの場合はどうしても厚塗りになるので、距離開けて、ザラつきを整えていけば薄く塗れそうなヽ(TдT)ノ

自分的な考えですが、動画でお伝え出来れば良いのですが、ピントが合わず(´Д⊂)

上手く撮れる様になれば(汗)今回はABS樹脂の塗装方法でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは^^寒さで、鼻水全開のサト山です。

今回はロンギヌスの槍の製作で、タミヤさんエポキシパテ(高密度タイプ)をテスト

今までと前回の試作パテは速硬化タイプだったのですが、今回は高密度タイプ

高密度と言われても(; ̄Д ̄)なんや?どう違うの?きっとそう思います。

説明が難しい・・・きめ細かい&仕上がりもツルツル、気泡が出来にくい?でしょうか('д` ;)


DSCN1658
タミヤさんは値段も一番安い400円でお釣りが(*゚▽゚*)25gです。

タイプも他メーカーからも出てますが、速硬化タイプに軽量タイプ、色々ありますね。
2本を同じ大きさに切り、練る(o^∇^o)ノ練りまくる(笑)

説明書によると12時間程度で硬化、気温が低いと1日でも硬化しません(汗)
盛り付け量で硬化時間が変化します。


DSCN1659
本当は棒に巻きつけていく予定が・・・( ̄ロ ̄|||)パテがダラ~ンとやる気ない感
半分づつやってみました。まだ立体になってません(笑)


DSCN1660
使ってみた感想ですが、高密度で凄く削りやすく、意外にカットもしやすいです。

難点は硬化までに2日かかってる(´;ω;`)

速硬化タイプより、柔らかいかな?反発する、しなりが無い感じです。

硬化の目安ですが、ヤスリ掛けした時に粉で無く、ヤスリにパテが付着してる場合
硬化してませんヽ(TдT)ノ

自分的には速硬化タイプが良い感じがします。もちろん溝埋め系には適してませんが
エッジ(角)出しや、折れそうな部分には使える素材だと思います。

エポキシパテはかなりネバネバ&ベトベトするので、外したい部分にメンタムを(^∀^)

エヴァ初号機はサフ下地しては削って・・・もう少しで塗装です。

では皆様へ風邪をひかない様に頑張りましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

寒さに震えながらPCカタカタカタ・・・エヴァもシャワー浴びてます(。・ω・)ノ゙

エヴァに何かが足りない!?ヌホォ~(笑)机の上で碇パパのポーズで考える

『ロンギヌスの槍』・・・これないとΣ( ̄ロ ̄|||)新劇場版はカシウスの槍?

でもロンギヌスの槍のデザインが好き( ´∀`)ここで無駄な趣味に終わったはずの

シルバーリング制作のやり方が役に立つことに(涙)


DSCN1655
試作テストでエポキシパテで強度と柔軟性をw(゚o゚)w オオー!

最初は細いプラ棒にグリスを塗り、巻きつけようと思いましたが、流石に折れます

何故にグリスかと申しますと、エポキシパテは粘土のようにコネコネできますが

粘つきがあり巻きつけたプラ棒に引っ付く(笑)グリスや油系の物を塗っておくと
中のプラ棒を抜きとる事ができます(●´ω`●)この試作は細くエポキシパテを伸ばし

捻ってるだけですが、本番制作はデザインも少し変えてみようかと(´・ω・`)


DSCN1647
カシウスの槍もカッコイイですが、エヴァらしいロンギヌスの槍がイイ!

適度に柔軟性があり棒ヤスリで削っても折れない!少し手の温度で柔らかくなるので
少し時間を空けてまた削る感じでした(≡ω≡.)

また制作出来ましたら、作業工程UPしますね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コトブキヤさんのエヴァ初号機の合わせ目消し加工を記事にします。

制作は上手くないですが、参考程度に皆様のお役に立てれば嬉しいです(。・ω・)ノ゙


腕合わせ目加工



DSCN1582
腕の黒の部分ですが、がっつり合わせ目箇所です!さらにムラサキの部分をはめ込み
黒のABS樹脂パーツで挟み込む(((( ;゚д゚)))プラモ初心者に毛が1本(俺かっ!)

少し難しいかもです。でもこのムラサキの部分は可動しないので、最悪・・・接着でもOK


DSCN1580
画像②の赤線部分をカットΣヾ( ̄0 ̄;ノそして画像①で、後からはめ込む

※注意点
この画像のムラサキのパーツですが、かなり厚さが薄いので、ニッパーはダメです(汗)
切り込んだ力で折れます(((( ;゚д゚)))・・・こちら学習能力が無く折れたぜ~!(経験者語る)

黒パーツ(ABS樹脂)の合わせ目消しは、ABS樹脂専用の接着剤で!

この部分・・・結構はまりにくい(笑)瞬間接着剤だと割れそうな感じでした!

腕はほとんど合わせ目がありますが、この部分だげが後ハメ加工が必要です(*゚∀゚)っ


首合わせ目加工

DSCN1591
DSCN1592

この首の部分ですが、本来のキットは黒の部分は塗り分け塗装されてます。

首の前(喉部分)がスライドします(・◇・)ゞがっつり合わせ目があります。


DSCN1590
この画像の黒パーツ(ABS樹脂)ポールジョイント部ですが、赤で書いてある
部分をカットします。


DSCN1643
加工後です(´∀`*)ABS樹脂なので折れにくいパーツになってますね。


DSCN1644
こちら注意部分です(; ̄Д ̄)
首の前方(喉部分)の右下に、スライドさせる為の丸い部分があります。

こちらを全部削ると、喉部分がダラ~ンとなりそう(笑)削らないと後ハメ出来ない

ギリギリ残し削りました。目安として、喉部分をスライドさせてはめ込む感じです!


脚部分合わせ目


DSCN1583

DSCN1584
脚の中央と、つま先の内側部分に合わせ目があります(´Д⊂)

つま先の可動部分も思っているよりギスギスでなく、少し安心(⌒-⌒)


DSCN1587
かなり自分的に加工(笑)まず脚の内部に、はめ込むパーツを削り
この画像の状態で接着剤で合わせ目を消しました!

首の様にU字にカットも考えましたが、負担がかかりやすそうでヽ(TдT)ノ


DSCN1585
つま先の合わせ目消しの前に、パーツ同士の当たりがないように削り
シッカロール&瞬間接着剤で埋めました(*´Д`*)裏はカバーあるのでOK


DSCN1577
こちらは足首です!加工前、はめ込み部分が長く、後ハメ加工するには・・・?
なるほど!コトブキヤさん良いですね!

画像の赤線部分をカット、パーツ自体に溝があるので、そこを目安に(´∀`*)

きっちり入りました(喜)短くカットする分、外れやすくなりますが問題ないレベルです。


DSCN1641
説明書にてカット部分をv( ̄∇ ̄)vコトブキヤさん制作する側の事
考えてる様な(涙)


DSCN1601
DSCN1602
この部分は後ハメ加工厳しいので、膝の黒パーツを先に完成させて
マスキングして合わせ目消しするしかない(; ̄Д ̄)


腰合わせ目


DSCN1605
背中部分の背骨の様なパーツがはめ込みになっていて、前方に合わせ目が出ます。


DSCN1610
赤線部分をカットして合わせ目接着です(*゚∀゚)っ



DSCN1609
DSCN1612
背骨のパーツを上からはめ込むように加工(かなりアナログ)


DSCN1654
こんな感じですヾ(´ω`=´ω`)ノ下地サーフェイサー塗ると・・・きっと削り直しに


DSCN1628
別の付属されているナイフの部分も赤線部分カットして、塗り分け可能です。

今回の記事は後ハメ加工(塗り分けしやすいように)でしたΣヾ( ̄0 ̄;ノ

他に合わせ目結構ありますが、出来るだけ制作するなら初号機に近づけたい!

かなり長文になりましたが、中々良いプラモだと思いました(^∀^)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新年明けましたおめでとうございます(。-`ω´-)ノ新年1発目の記事!

『逃げちゃダメだ!』そうです一番、製作したかったプラモデル!
心の内を申しますと、ガンダムの塗装失敗で・・・まだやり直す気持ちにならず(TДT)

今回はバンダイさんを外し!コトブキヤさんのエヴァにロックオン( ̄0 ̄;ノ

コトブキヤさんはフィギュアのイメージが強かったですが、『うはぁはぁ~初号機がカッコイイ』

かなり見本をみると、クオリティが高い(((( ;゚д゚)))今までのエヴァのプラモデルと違い
かなりコトブキヤさん頑張ってると思いました。


DSCN1642
1/400スケール!さり気なく碇パパが箱にいます(笑)箱絵も迫力がありますね!

自身がコトブキヤさんが始めてなので、こっそりと説明書とパーツを見ながら

(´・ω・`)う~ん?なるほど?黒のパーツは全部、ABS樹脂!関節部で特に動かす部分

他パーツはスチロール樹脂、ほうほう( ・Д・)


DSCN1640
キターーーー!水転写デカール(*´Д`*)感動です。コトブキヤさん!


DSCN1600
塗装出来ない人やパチ組みの人たち用に、色が塗られている(´Д⊂)

全部の塗り分けで無いですが、なんか製作愛が感じる!

逆に自分の様に塗る人の事も説明書に書いてあると言う(泣)ABS樹脂の事も
ホームページで説明されていて、なんか嬉しいですね(´;ω;`)


DSCN1620
合わせ目消しやりつつ、表面処理『塗ってくれてたパーツを剥がしてごめんなさい』

すごく筋肉質で、こだわりないと出来ないですね。


DSCN1635
近接戦闘用プログレッシブナイフ、かなりカッコイイ。゜(´Д`)゜。


DSCN1628
こちらプログレッシブナイフを肩から出すシーン用で、かなり彫りこまれてます!


DSCN1636
エヴァ専用大口径209mm小銃(; ̄Д ̄)パーツ1個です。てっきり2個で
合わせ目ありかと思いましたが、塗り分けもありますが、エナメル塗料でいけば大丈夫そう!


DSCN1638
アンビリカルケーブルも背中に装備出来て、ちゃんとパイプも付属w(゚o゚)w オオー!


DSCN1639
コトブキヤさんの台座系をつける場合のパーツです。


DSCN1629
DSCN1630
手のパーツですが(笑)6種類×2=12個あります(汗)この部分が一番に大変かもです。

手のコブシ部分を塗り分けしないとダメで(((( ;゚д゚)))この部分が一番、残念と言うか
勿体無い感じが、すごくリアルな手でカッコイイですが、コブシ部分の溝が浅いです。

合わせ目も大変そうです!後(; ̄Д ̄)エントリープラグ部分ですが、ちゃんと
上手く出る仕組みで(撮るのを忘れてた)


注意点と組んだ感想


◎黒のパーツはABS樹脂なので、接着する場合はABS樹脂専用&瞬間接着剤で!

◎関節部(特にポールジョイント)丸いボールの部分とポリキャップが硬いので少し
組んで入らない部分は少し削った方が良いかもです。

◎何気に600円レベルのニッパーでもしっかり切れる!ガンプラはよくパーツ側のランナーが折れるのですが、コトブキヤさんのランナー切りやすかったです。

◎かなり部分的に入りにくいパーツありますが、塗装前に削っていれば大丈夫かな~!

◎ABS樹脂の塗装は出来るだけ薄く塗り重ねるか!水性塗料(有機溶剤に弱いです)

◎ABS樹脂が主に関節部分なので、塗装する時は出来るだけマスキングを!
かなり硬い印象です。

こんな感じで自分的ですが、かなり良いキットとコトブキヤさんのこだわりが伝わる感じです。

ほとんど合わせ目消しと表面処理は終わって、脚の合わせ目はマスキングをやりながら
後ハメ加工(無理だった)加工部分も出来るだけ画像を撮ってるので(⌒∇⌒)記事UPします


DSCN1598
さと山暴走モード(笑)長文になりましたが、今年もヨロシクお願い申し上げます(*´Д`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ