さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2016年02月

本日(笑)人生初の、エアブラシの希釈(溶剤で薄める)はかってみた(・∀・)つ

今回の希釈テスト!


DSCN1721
◎塗料 Mr.カラー油性アクリルラッカー ネイビーブルー


DSCN1722
◎薄め液(溶剤)Mr.カラーレベリングうすめ液です。


DSCN1720
◎軽量スプーン(100均)1mlで実行です。今回でのテストは塗料1ml(このスプーン1杯)
溶剤を1ml、2ml、3ml、4mlまでやってみるq|゚Д゚|p

今からエアブラシを始める皆様のお役に立ちたく老眼鏡&ルーペをかけ(●´ω`●)

参考程度ですが、大よその目安で、後は自分好みで微調整!


DSCN1723
◎プラ板(試し噴き専用)出来るだけプラ素材で(´・ω・`)

紙は溶剤を吸ってしまい分かりにくいかもなので!塗料の濃度や気温だったり
さまざまな環境で希釈も変化しやすいので注意です。

軽量カップは100均の透明カップです。再度使えるので便利!


DSCN1714

塗料軽量スプーン1杯(1ml):溶剤1杯(1ml)


まず論外に濃い希釈です(TДT)塗料の粒子がはっきり出て、塗装表面がザラザラです。

クモの糸の様な感じになりませんが、エアブラシの調整で細く噴きつけも濃度がありすぎて
飛ばないです。塗料が濃い分、下地は消えていきますが、かなり表面がボコボコになります。

圧力調整のあるコンプレッサーだと噴く事は出来ますが確実に塗料が広がらず、ツヤも無い感じになります。


DSCN1715

塗料1杯(1ml):溶剤2杯(2ml)


よく書いてある塗料に対して2倍のうすめ液・・・う~ん?粒子がクッキリ(つд⊂)
表面もザラザラ感!自分は溶剤2倍マンでは塗らない(; ̄Д ̄)

細い塗装の調整も出にくい、圧力を変えれないコンプレッサーなら尚更、厳しいかもです。
油性アクリルラッカーは2倍でも濃い感じです(自分的に)


DSCN1716

塗料1杯(1ml):溶剤3杯(3ml)


うおぉぉ~3倍界王拳( ̄ロ ̄|||)この希釈がベースになりそうな?

噴いた瞬間、しっとりと塗料が広がり伸びてくれます。よく『牛乳の濃度』書いてますが
まだ3杯だと牛乳よりドロッとしてます。ネイビーブルーが少しドロドロだったから?

細い噴き付けも塗料が飛びました(⌒∇⌒)目安としては良い濃度だと思います。
エアブラシ初めての方はこちらが良いかもです。


DSCN1717

塗料1杯(1ml):溶剤4杯(4ml)


塗料がドロドロだった為か分かりませんが、自分は4倍に近い希釈だと実感

この領域は圧力かけすぎだと難しく、もちろん指の調整も難しい(´;ω;`)

量ってみたら凄く良い勉強になりました。3倍を目安で、4倍近くまでやってみて
それ以上の5倍はテストしましたが完全に薄くアウトでした!

凄く希釈は難しいです(汗)もちろんエアブラシの調整があったり、圧力調整や皆様のコンプレッサー、エアブラシ口径、持ってる道具で、もちろん変化しますが、より良く塗りやすいと思う希釈で塗って見て下さい。必ず試し噴きをお薦めします^^

自分も悩みまくってますが、今回のテストで少し目安が出来ました!
動画も撮りましたが、編集しないとダメだ、面白くないセンスの予感(´Д⊂)

※注意
水性アクリル、油性エナメル、色々な塗料がありますが、今回は油性アクリルラッカーでの
希釈なので、溶剤量も変わるので、それぞれの専用うすめ液で薄めて下さいね。


DSCN1692
只今エヴァの脚を合わせ目消しが終わり『つくね』見たいに、何気に美味そう(笑)

では皆様^^ともに頑張りましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは^^今回はエアブラシの溶剤について記事にしてみます。

まずエアブラシでの登竜門(´д`;)エアブラシを噴きつける場合、必ず溶剤で
薄めないとダメなのですが、ここが一番難しい(測らない自分に反省)

かなり好みで分かれるかもです?そこで塗りながらテストと検索(/TДT)/

自分はクレオスのエアブラシ用レベリングを使用してましたが、今回は
ガイアノーツさん『ブラシマスター特大1000ml』購入しました。


DSCN1695
調べたところ、Mr.カラーアクリル系は互換性あり(水性塗料はダメです)

Mr.カラーの塗料を使用出来る(`・ω・´)1000mlで1260円(お得感)

そもそも?どう違うの?・・・難しく考えるのがイヤなので(笑)

簡単に書くと、乾きを遅くするリターダーが入ってる事かな?
クレオスさんエアブラシ用も、もちろんリターダー入ってます。

エアブラシは細かい塗料粒子を噴きつける訳ですが、噴きつけるたびに乾くと
ザラザラ&ボコボコになりやすい( ・Д・)そこを遅らせる溶剤だと思います。

しっとり肌のガンプラや光沢ありや、乾燥が少し遅い分、ムラになりにくい設定かな?

エヴァ制作で一度使ってみましたが、問題なかったです。


DSCN1696
そこで自分も測るを、お勉強しようと思い(; ̄Д ̄)ノ

100均ショップにGO~!探していると『おぉぉ~!』

なんと108円で5本も付いている(笑)塗料の量におおじて使えるかも?

まだテストしてませんが、おっさんも時に学習能力を上げないと(笑)

今回は溶剤の記事ですが、リターダー入っていても、エアブラシの距離や
希釈(溶剤で薄める)、湿度、気温、環境でも変化すると思います。

もちろんエアブラシ初心者の方だと尚更使いやすい溶剤と思います。

塗料に対して溶剤2~3倍と書いてますが、そこをテストで目安を出して参ります(。・ω・)ノ゙

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いや~!まだまだ先が遠いε=ε=(;´Д`)はぁはぁ!エヴァ初号機・・・また塗装で悩む

今回の記事内容ですが、コトブキヤエヴァ初号機制作での特に注意と言いますか!?
どんなプラモデルでも大事かな?

関節をハメ込む部分( -д-)ノこれ結構、パーツ破損の原因へ(泣)

関節部分に色を塗ると、穴に入らない事が、マスキングを事前にが良いですが
それでも硬いパーツ(入りが悪い)特に今回のエヴァは合わせ目消し部分に
付加がかかりやすい部分の対処方法です。


DSCN1686
この画像ですが、膝部分を完全に仕上げて、マスキングして合わせ目消しの予定で

赤線部分も膝部分と当たりやすく、事前にヤスリ掛けです。
下地サフを塗って組んで動かすと、当たりが強い部分は下地が剥がれて分かりやすい

サークル部分は特に硬い部分で膝自体に付加がかかり、合わせ目部分にヒビが入りそう

ここはデザインナイフの刃先でガリガリ削りながら調整しました。


DSCN1685
こちら膝部分(´д`;)合わせ目消し完了とトップコートも完了

グリーン部分はツヤありで削ってコンパウンドからの~セラミックコンパウンド仕上げ
また光物に(笑)ブラック部分は半光沢仕上げに・・・して見た(;´Д`)
(やはり流行のツヤ消しが良かったか?)


DSCN1687
ここだ!問題は・・・赤サークルをマスキングしてパーツをはめ込み・・・(; ̄Д ̄)

テストしながらなんとか行けそうな・・・感じ!失敗しましたら悲報記事アップ確実です(笑)


DSCN1688
うはぁ~!何気に胸部分・・・大変です(汗)

マルーン色100%でマスキング(TДT)溝部分にエナメルブラックの予定

マルーン(TдT)ノはみ出た部分は2000番ペーパーで地道に削り落とす(笑)

コツは優しくソフトに・・・削りすぎた部分は筆で盛りつける様に塗り、また削り
誤魔化す(o^∇^o)ノ

塗り分け多いですが、エナメル塗料で対処すれば良いかもです。

実に内職してる感じで(笑)地道にドM精神でやっております。同じ様に制作している方^^共に楽しく&情熱を注ぎましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

夜分こんばんは(´・ω・`)ドMさと山です!

順調にコトブキヤさんエヴァ初号機を制作してます(笑)

ABS樹脂パーツは問題なく塗装できました。でも・・・塗り分けが凄い多い~(笑)

HGガンプラより凄いですが、でもなんか制作してると楽しい(●´ω`●)
今までの失敗がやっぱり役にたつと言うべきか?まだ失敗しまくりですが(汗)


DSCN1681
ABSパーツ部(黒部分)半光沢トップコートで仕上げてますが( ・Д・)

結構、塗装面がボコボコだったのでトップコート前に2000番で削って塗装です(*´Д`*)


DSCN1682
うはぁ~!胸の部分もまたマスキングして、溝部分だけにエナメル塗装だv( ̄∇ ̄)v

いや~凄く思ったのですが、塗装失敗しても、ペーパーで処理も中々良いですね^^;


DSCN1683DSCN1684


まだまだ難関の脚が残ってますだ(汗)脚の裏なんて・・・(; ̄Д ̄)ノ
塗り分けだらけ&膝だけ完成させて、マスキングして合わせ目処理と塗装が!

う~ん('A`|||)初号機メインのパープル塗装どうするか?光沢あり仕上げか?
流行のツヤなしか?『流行にすでに乗り遅れ気味だ!』

なんて~!流行より違う事をしたい願望(笑)悩めるオッサンだ(/TДT)/

同時に新アイテム(お友達)のテストも兼ねてなので余計に悩むヽ(TдT)ノ

エヴァだから余計に違う塗り方したかったですが^^;ありえないグラデーションかけたり
(自分の腕ついていかず)少し悔しい自分もいるので、塗装してから、また考えます!

過去のプラモデルの中でもトップ級の塗り分け度ですが |ω`*)ρ頑張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは^^今回はマスキングテープの代用で使えるアイテムです。

とくにプラモデル制作での塗り分けが大変だったり、微妙にR(曲線)で
マスキングが困難ですよねヽ(TдT)ノ

特に妖怪ウォッチのプラモデルなんて(笑)そこで昔にヘルメットペイントで使っていた

京商さんミクロンラインテープです(o^∇^o)ラジコン系のメーカーさんです。
ラジコンボディーにラインを入れる為のテープですが、ミクロンと言う位に最小幅は0.4mm

昔は無かったですが、ガンプラや他のプラモデルでも活用出来ると思います。


DSCN1675
今回は1mmですヾ(=^▽^=)ノ定価300円

中々置いていなく、ジョーシンさんが取り扱い店だったので、電話で聞いてみたところ
『取り寄せできますよ』またしても神対応です(;´Д`)ありがとうジョーシンさん!


DSCN1678
◆京商ミクロンラインテープ サイズ幅

◎0.4mm◎0.7mm ◎1mm ◎1.5mm ◎2.5mmです。

どんなテープか?


まずタミヤさん曲線用マスキングでの違いですが、紙質でタミヤさんより粘着力がある

タミヤさんマスキングは粘着力がないので、曲げる際にはがれやすく曲線出しにくい(T_T)

それに対し、京商さんテープは曲線がきつくても粘着力と細さで、曲げやすいかな?
あくまでも自分的な考えです(汗)

気をつける点


粘着力が普通のマスキングテープよりあるので、塗装膜が弱い水性やエナメルは塗装面が剥がれるかも?まだテストしていなく(; ̄Д ̄)Mr.カラーのアクリルラッカーは大丈夫でした!

粘着力がある為、厚みが少しあるので、ミクロンラインテープでの貼り付けの交差部分は
隙間が出来やすいので、色が進入しやすい点です。

塗り分け前に必ずトップコート(透明クリアー光沢)吹き付けておく事が良いかもです。


DSCN1676
エヴァ初号機での塗り分け部分です。ブラックのエナメル塗料を塗る予定なので
アバウトですが、出来るだけ拭き取る部分を最小限に(TДT)

ガンダムでの塗装面の剥がれが無いかテストしましたが、塗装自体は剥がれてないですが、テープ側のノリが少し付着してました。

対処方法


出来るだけミクロンテープ交差部分を、普通のマスキングで最後に貼る( ̄0 ̄;ノ


DSCN1679
①出来るだけミクロンテープを重ねて貼る部分を作らない・・・かな?

かなりアバウトですが、貼れていない部分は出来るだけ、R(曲線部分)が
無い部分でマスキングしやすい感じで・・・かな?


DSCN1680
②こんな感じでマスキング(笑)出来るだけ塗料の進入を防ぎたい(汗)

本来ですと、マスキング貼り付けて、デザインナイフで切るが一番に進入を防げますが
パーツに傷が入る&ガタガタになる(笑)かなり初心者に毛が1本の自分には難しい!

なにげにガンプラも曲線が多く・・・『マスキングめんどくさいがな!』
そんな人たち用です(笑)

まだまだ試す事が多いですが、京商さんラインテープは初心者にも優しい感じですね^^


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ