さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2016年04月

今回の記事は、ガンプラ1/100スケール『鉄血のオルフェンズ』グリムゲルデです。

まず皆様が思う1/100はMG(マスターグレード)ですが、このグリムゲルデは無印?

また色々調べてみました!


主な1/100ガンプラ


◆MGマスターグレード

1/100でクオリティが高く、パーツ数の多さと、多分?かなり開発するのに時間をかけてる
コスト面での値段で、キット値段が高め(TДT)かっこいいプロポーション

◆RE 1/100

主に商品化出来ない機体をコスト削減で実現させているタイプかな?
パーツ数も少なめで、作りやすくなってる印象Σ(・ω・ノ)ノ

最近出たイフリート改・・・凄い人気です。値段的にMGより少し安いのかな?

◆無印1/100

今回始めて、無印の1/100で、鉄血シリーズは全部、今のところ1/100としか書いていない!

組んで見た感じ、HGとMGの間の感じがしますが、値段が安く、パーツ数が少ない
気軽に組める(`・ω・´)かなりプロポーションが良く、何気に『ここ埋めてね感』
『安いから我慢してね感』『少し塗り分けてね感』

自分的にですが、改造ポイントが多いから萌えて、ドMになれる部分が沢山用意されてる

少し残念な部分は、ゲート(ランナー)がニッパー入りにくい&切りにくい点かな?

ではグリムゲルデ&初音ミクを一緒に制作(; ̄Д ̄)ノ


DSCN1882
なんと!ジョーシンさんで、2160円!q|゚Д゚|p

おっさん1/100スケールの憧れ(笑)グリムゲルデはHGの評判も良く!
パーツが少し大きいので安心(涙)


DSCN1881

ヴァルキュリア・フレームを再現w(゚o゚)w オオー!

パーツリストはポリキャップ以外はスチロール樹脂です。フレーム部分は
少し柔らかいですが、かなり良いキットです!


DSCN1872
肉抜きがある~!


DSCN1873
ここも何気に肉抜きですが、埋めやすそうかな?


DSCN1880
今回はエポキシパテ(高密度タイプ)で肉抜き、埋めてみました。

つま先部分は、かなり丸まっていたので、瞬間接着剤&シッカロールで尖らせた


DSCN1879
今回はプラ板と溝を追加していきたいと思います^^;


DSCN1870
騎士の様だ(≡ω≡.)こちら素組み(パチ組み)です。

思っていたよりパーツ数ないので、早めに制作したいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

また違うメーカーさんでのチャレンジ^^

今回は『フジミ模型さん』フジミ模型さんと聞いたら、戦艦プラモデルがイメージ

しか~し!フジミ模型さんが初音ミクをw(゚o゚)w オオー!
初音ミクのデザインが自分は大好きでして、可動する初音ミクとなぁ?

フジミ模型さん頑張ってるヾ(´ω`=´ω`)ノ

くまもんプラモデルも出てますが、熊本の震災復興支援企画を始めるみたいで
フジミオンラインで1620円のくまもんを購入すると、1500円を募金で更に送料も負担

なぁぁ~!これは購入しようと・・・『ガ~ン!』売り切れ(; ̄Д ̄)
凹んだ・・・ウルトラ凹んだ(泣)少しでも何かを・・・再販求む!

そろそろ初音ミクの制作記事を(汗)


DSCN1874
な、な、なんと可愛い箱絵Σヾ( ̄0 ̄;ノ


DSCN1875
顔パーツは1個はペイントされていて、合わせて3個の差し替えパーツが付属

更にシールタイプと水転写デカールが付いていて!ネギも付属(ありがとうフジミ模型さん)


DSCN1876
これ大事よホンマ!箱横に指定色まで載せてくれてます。


DSCN1878
パンツも再現されてます。おっさんなワタクシ・・・悩む・・・(´・ω・`)


DSCN1877
エヴァ制作途中に合わせ目を埋めておき、ペーパー処理も終わらせておきました。
パチ組み(素組み)でも、結構良いキットだと思います。

ただツインテールの髪のパーツは合わせ目が、かなり気になるかも(;´Д`)

ランナー(ゲート)はアンダーゲートが多く、少しプラモデル始めたばかりな人は
分かりにくいかも?アンダーゲートはパーツを合わせる部分にまでランナーが付いて
そこをカットしないとダメで(゚ロ゚;)エェッ!?

でも説明書も色分けされていて分かりやすくパーツ数も少ないので(*'-'*)

フジミ模型さんも中々良いですね~!サクサクと制作出来そうなので、頑張ります^^

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

始めに、熊本に居るゲーム仲間であり、ガンプラ仲間である友達

大変だけど頑張って欲しいです。

プラモデル記事をアップする事も悩んでました。何もしてあげれない自分が居る

メールもすると大事な時に電気もないと困るので・・・九州の方たちが少しでも安心出来る日が来る事を願います。


コトブキヤ エヴァンゲリオン初号機(キャンディ塗装)完成

DSCN1811

DSCN1788
パープル部分だけをキャンディ塗装しました。


DSCN1789
ブラック部分と口部分を半光沢クリア仕上げです。


DSCN1833
合わせ目部分は全て消しました。


DSCN1790
DSCN1836
溝部分は出来るだけ彫り直ししました。ラインチゼル0.15mmです。


DSCN1791
DSCN1800
DSCN1795
付属パーツです!プログレッシブナイフと肩専用の差し替えナイフです。


DSCN1796
エントリープラグ・・・凄く小さく、赤のラインの溝が無かったので、マスキングして塗装しました。


DSCN1792
エヴァンゲリオン専用大口径209mm小銃


DSCN1797
アンビリカルケーブル、ビニールケーブルも付いてます。


DSCN1798
コトブキヤさんアクションベース(台座)を取り付けれる差し替えパーツ


DSCN1799
手の差し替えパーツ、計12個です。


DSCN1806
DSCN1808
DSCN1812
DSCN1816
DSCN1827
DSCN1821
DSCN1824
DSCN1820
写真上手く撮れませんね(涙)デジカメだと限界あるのかな?ライトも無いですが!


DSCN1831
DSCN1803
DSCN1805
口のパーツがギスギスで、色が剥がれた為に内側と当たる部分を薄く削りました。


コトブキヤ エヴァ作った感想


◎良かった点
見た目が凄くこだわりがあり、細マッチョで迫力があるキットです。

プラ素材も弱いと聞いてましたが、思ったより柔軟性もあり、折れなかった(ABS樹脂除く)

×悪かった点
悪かったと言いますか?初心者向きで無いと思います。

パーツは精密と言うか、はめ込みがキツイです。塗装向きでないキットかと思いました。

塗り分けが多すぎる、パーツ分けがされていなく、初心者~上級者、幅広く作る事が大変で、気軽に作れない点が残念です。


まとめ


今回の制作はキャンディ塗装&半光沢仕上げと分けて塗装で、一番大変だった事は
パーツのはめ込みでした。少しでも色が乗ると、はめ込み出来なく、ほとんどデザインナイフで切り込み、削りました。

パチ組みにむいてますね!

かなりカッコいいクオリティーなので少し残念ですが、かなり勉強になるキットだと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

全然ブログ更新できませんでしたヽ(TдT)ノ

エヴァ制作でやっと完成が見えてきました。元々、制作スピードが無い、更にルーペかけても左目のピントが合わなく(泣)凄く制作時間かかった!

特にコトブキヤのエヴァは、塗り分けが凄く多い(; ̄Д ̄)そこでマスキング地獄へ


DSCN1779
マスキング(テープ)タミヤさん18mmケース付きです。これが一番良いマスキング

詰め替えも出来ますし、マスキング側面にホコリが付きにくい!

よくホームセンターで安く売っているのもありますが、粘着力が有りすぎたり
色が滲んだり・・・家電量販店の玩具コーナーでも気軽に、購入出来ます。


DSCN1780
自分はマスキングをデザインナイフでカットします。切り口の方を塗り分け部に貼ります。


DSCN1781
定規で切る事をお薦め(笑)ワタクシ・・・定規無しで参りますが、真似しないで下さいね。
定規当てると、歪みが出るタイプでして(野生的本能かっ!)

何故にカットするかですが!マスキング側面は凄く、ホコリが付いて、そのまま貼ると
ガタガタになりやすいです。ケース付きなら少し心配も減りますが(`・ω・´)

どちらにしても、パーツ塗り分けが小さいのでカットですが(笑)


DSCN1783
色の塗る手順と言うか、マスキングしやすい手順と言うか?

本来なら薄い色を塗っていくのですが、塗り分けのマスキングをやりやすい様に考えないと
更なる地獄へ('A`|||)

このブラウン部を、エアブラシでポイント塗り(はみ出てもOK)レッド部分もそうですが、マスキングする部分は出来るだけ、直線で貼れる様に、塗る手順を変えました。

凹凸があるパーツは特にマスキングや塗る手順を考えなければ、失敗します(泣)

かなり説明が難しいですが、塗る手順でも発色も変わります(´Д⊂)

後・・・説明書に書いてる、色指定も目安程度なので、近い色を1個買うも良しです!

アナログ野生の自分には%・・・余計に変な色へ(笑)

青、赤、黄、白、黒があればなんとかなる(メタリックを除く)

後少しなので頑張ります。制作している皆様も無理しない様にファイトです(*´Д`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんはポンチさと山です(。・ω・)ノ゙

エヴァ制作での地獄で、ポンチ購入しました。定価は2000円超えるのですが(TДT)
ヨドバシカメラで1610円・・・今の自分では高価過ぎる値段ですが需要ありだ!

ポンチですよ(笑)パンチじゃ無いですよ(´・ω・`)


DSCN1756
DSCN1757
ザ・ぽ~んち(笑)小さい円を切り出す優れ物だ!付属サイズは2mm,3mmです。
別売りで1.5mm,2.5mm,3.5mmあります。


昔のポンチは、叩いたり強く押し付けたりでしたが、このタミヤさんポンチは
軽く押し付けて、グリップを回すと結構切り口が綺麗です(´Д⊂)

ありがとうタミヤさんです。0.5mmプラ板までなら切り抜けるみたいです。


DSCN1759
DSCN1760
エヴァ胸部分を塗り直しで、赤の部分・・・約1.5mm(´;ω;`)
円が小さすぎて、マスキングが難しい(ガンダムのバルカン砲かっ!)

何気に2mmだと大きい(笑)NO!NO!気にしな~い!


DSCN1764
分割で貼ってみよう(; ̄Д ̄)今日も無い脳をフルフル回転(絶賛壊れリミックス)


DSCN1766
十字にカットします。自分の毛はカットできないですが(ケロケロケロォ)


DSCN1763
こんな感じで、円が大きめなら3mmを切り抜いたりΣヾ( ̄0 ̄;ノ


DSCN1769
胸&肩は2mmで分割マスキングしてみました。かなり便利です。

もちろん先端を真っ直ぐで押し付けないとダメですが、タミヤさんポンチは
回して切る感じのポンチなので、切り口が綺麗、プラ板でのディテールアップも出来そう


DSCN1770
何故エヴァの胸にマスキングかと申しますと、赤の周りにモールド(溝)があり
溝を黒のエナメルを流し込むため、アクリルラッカー系で赤を塗りました。

エナメル溶剤は凄く広がり、浸透も激しく厳しい(;´Д`)

さと山勝手な教訓
『エナメルは凹んだ部分に使うべし』

『エナメル塗料が重なる部分は使わない』

『エナメル塗料が隣合わせで使わない』

そんな感じで、タミヤさんポンチを上手く使いながらヽ(TдT)ノ


DSCN1771
上手く使うより(笑)34個ポンチ(内職かっ!)でもかなり時間は短縮できました。

この道具も初心者の方でも使いやすいと思いますv( ̄∇ ̄)v

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ