さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2016年09月

ついに棒ヤスリを・・・もう10年位持っていたヤスリ(´Д⊂)

卒業・・・あなたは素晴らしいコストパフォーマンスと削りたびに傷が入り( ・Д・)

神様が『あなたは削りを極めなさい。』そう言われている感じ(笑)
安くても削れるのよ・・・そう思いながら、削ってまいりましたが(´・ω・`)

もう棒ヤスリさんは削る力を失いました(感謝)そしてありがとうヽ(TдT)ノ

色々とお勉強できました。そして・・・時代と共に道具がどんどん進化!

・・・うぅ~寂しい気持ちと、次の棒ヤスリどうしようか?

値段も1000円以内でと考えてました。使ってみないと?う~ん!悩む?!


DSCN2169
悩んだ結果(; ̄Д ̄)タミヤさんクラフトヤスリPROにしました。
平タイプで幅は6mm、厚みは測ってみたら、2mmでした。900円のヤスリは緊張します。

今まで、セットのヤスリでガリガリやってました(笑)ヤスリも結構な種類もありますが
平タイプは1本欲しかったので、流石に薄いタイプは2000円だったので却下(TДT)


DSCN2172
厚みも自分的に良い感じ(・∀・)エッジ出し(角を出す)もやりやすい!


DSCN2168
目詰まりしにくい!うぉぉ~これは使いやすいと思いました。グリップも持ちやすい(*´Д`*)

恐る恐る?傷が入るのかと身構えると『もう時代についていけてない私』
それぐらいに綺麗に削れます。ビックリ(⌒∇⌒)


DSCN2170
棒ヤスリの天敵、エポキシパテ(笑)硬化してると思いこみ、削ると鬼の目詰まり(泣)
そう思い、クシャトリアの太ももにパテ盛りでテスト・・・ガリガリ?ハケやブラシでヤスリを・・・全然残ってなく感動!

タミヤさん素晴らしい(⌒-⌒)手軽に購入でき、コスパも手が出やすい値段です。


DSCN2174
自分的な方法ですが、今まで削ってきて一番に削りやすくエッジ出ししやすい削り方

斜めにスライドして削るです(☆゚∀゚)棒ヤスリを真っ直ぐで削る事も出来ますが
どうしても削る面積が少なく、ボコボコになりやすい感じがします。

斜めに当てると削る面積が少し増えて、1方向にスライドする感じで削ると
結構削りやすく少し綺麗になる感じが・・・もちろん面積が広い部分ですが(*゚∀゚)っ


DSCN2175
合わせ目消しをガリガリ!自分的なやり方なので、すいません!コツは
まず棒ヤスリを真っ直ぐ当てて、そのまま棒ヤスリを斜めに滑らせて(移動)
させてみて下さい^^

今回は10年戦士(棒ヤスリ)卒業&ルーキー棒ヤスリ祝い記事でした。
初心者の方でも扱いやすいヤスリなのでヾ(=^▽^=)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

気になっていたBT-42突撃砲(●´ω`●)タミヤさん戦車も気になり!

ガールズ&パンツァーの最終章が制作決定で、凄く嬉しいです。劇場版かTVか不明?

自分は本物の戦車は興味が無く('д` ;)ガルパン戦車が好きなのですv( ̄∇ ̄)v
そこでBT-42を継続高校仕様に、資料を見ながら『もうキチガイスイッチON!』


DSCN2155
タミヤさんお初戦車です(笑)ヨドバシさんで購入!


DSCN2156
仮組みしてみましたが(; ̄Д ̄)
パーツ少なく、完成度高く組みやすい!エッチングパーツも初です。

流石にタミヤさんですね。コンパクトにまとまっていて、初心者の人も問題なく制作できます。

ガルパン継続高校の仕様をガイドブックでチェックq|゚Д゚|pカタカタカタ!?
アヒャヒャ~結構な改造計画を立てないと(笑)


DSCN2161
この画像部分、ガルパン資料で、穴が無い仕様でした。

少し穴が深めなので、裏にプラ板0.5mmを貼り、エポキシパテで埋めました。


DSCN2162
リベット(ビスの様な物)は戦車の外側が4本で、内側は外側の1本のリベットの間を取り
装備です。ぐひゃ~( ̄ー ̄)もうずれてる(笑)ま~ボチボチ失敗しようか?


DSCN2164
リベットはWAVEさんの真鍮線(しんちゅうせん)0.5mm、断面を削り
ピンバイス0.5mmで穴を開けて入れてみました。

リベット系もメーカーさんから出ていますが、出来るだけ加工だん!
もう少し丸めないとですね(*´Д`*)


DSCN2167
DSCN2166
長めで断面を削り、カットしても良いですが、ピンバイスに装備すると
固定されているので削りやすいです(☆゚∀゚)しかも落ちて捜索しないですむので!

ピンバイスは思ったよりは高くないですが、先端ドリルが結構高いです。
戦車は2度目ですが、1mm穴を自分で開けないとダメだったりなので(((( ;゚д゚)))

ガルパン戦車を作る方は持っておく事をお薦めします。

ガルパン資料との違いも、出来るだけ画像に撮っていきます。

では全国のガルパンファンさん^^また盛り上がりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは!溝彫り道具のラインチゼルを落し、『あれ?先端無い?』
密かに、あしたのジョーの矢吹に(´Д⊂)『萌え尽きたぜ!』やはりポッキーさと山だ(笑)

先端は折れましたが、心はまだ折れてない・・・不屈のポッキーさと山だ!

そんな感じで今回は、スパッタリング塗装を記事にしたいと思います。


スパッタリングて何?

簡単に説明すると、エアブラシ圧力を下げ、エアブラシ距離を調節して、宇宙の星や
石の様な不揃いな色(粒子)を飛ばす方法です。

エアブラシだけで無く、筆の先端に色をつけて飛ばしたり( ̄ー ̄)色々と活用できます。


DSCN2158
まだ練習中でかなり下手くそですが(*´Д`*)負けるなポッキーさと山(笑)

テスト段階ですが、エアブラシ圧力は0.1~0.2kg・・・ほぼ圧力が無いレベルです。
圧力が無い為、押し出す力がなく、飛び散る感じですかね?

もう少し色の粒子を小さくする場合は、エアブラシ先端の距離を離すと不揃いな感じになり
面白い事に!ただ離し過ぎると、色が到達しないので注意です(o^∇^o)

0.5kg位の圧力ですと、普通の塗装圧力より、色の粒子の間隔が広がり、また違う感じの
塗装になります。


DSCN2159
かなり失敗です('A`|||)テストで適当にやった結果かな?あはは!

スパッタリングで大事な事は、エアブラシ先端の距離と、意外と希釈(溶剤で薄める)だったり
エア圧力でもかなり変化すると思います。

もちろん皆様が使っている圧力計でも違いはあると思います(`・ω・´)

口径(エアブラシ先端の穴)での変化もあると思いますが、口径0.3mmで出来たので!
ただ口径が小さい0.2mmは飛ばないかもですね(; ̄Д ̄)持ってないので分かりません!

ガンプラだと足の泥表現にも活用出来るかな~!一度試して見て下さい。

圧力も大きく変えるとこんな感じになるのか~?そう思ったテストでした!
プラモデルのワンポイント塗装だったり結構勉強になるので(* ̄∇ ̄*)

パーツが折れても心は折れず!そして楽しめる制作を^^

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今回の記事は、ランナー、ゲート、パーツについて色々なメーカーさんで検証しました。
壽屋さん、バンダイさん、フジミ模型さん、タミヤさんです。

始めたばかりの人は分かりにくいので、ランナー、ゲート、パーツを説明したいと思います。


DSCN2129
こちらはタミヤさんです。ゲートはパーツぎりぎりにカットせずに、少し残し切り落とす。
ぎりぎりにニッパーでカットするとパーツ自体を切り落としてしまう事に(TДT)

今回何故に記事にしたかと申しますと、最近のガンプラが酷い(´;ω;`)
ランナーからゲート・・・ゲートが無いに等しい?

壽屋さん、エヴァ制作でのランナー&ゲートは、タミヤさんと同じ感じでランナーからゲートがしっかりあり、パーツ側も折れずに綺麗にカットできます。

フジミ模型さんは、初音ミクで、ほとんどアンダーゲートでしたが、ランナー&ゲートはしっかりあるので綺麗にカット出来ます。


DSCN2124
DSCN2125
こちら友達からの指令でのREシリーズのガンダムMKⅢです。

この画像がアンダーゲートです。バンダイさんで始めて見ました(自分は)


DSCN2128
このタイプのランナー&ゲート・・・(;´Д`)ゲートが無い?更に三角になっていて
少し残して切ると山になっていてパーツ側がちぎれ、パーツ側に穴が
開いてしまう事が多くあります。

このタイプのランナー&ゲートが多くなってます。無印1/100グリムゲルデも全部これでした。
おかげで穴だらけ(汗)ぎりぎりで切ろうと思うと、ニッパー先端入らなかったり?

ニッパーも薄刃でないとキツイ感じヽ(TдT)ノ


DSCN2127
DSCN2130
うまく切らないと、こんな穴が(T_T)意外に埋めるのが大変で!

処理方法

少しピンバイス等で穴を広げて埋めたり、ペーパー処理でのプラの粉を綺麗に取り除く


DSCN2131
こちら600円ニッパーです。出来るだけ薄いタイプを選びました。

もちろん切れ味抜群の高級ニッパーありますが、気軽にと言う値段では無いような?

自分はこの友達から貰ったガンプラで、もうバンダイさん新製品は制作しないと思います。

パチ組みさん向きなのか?塗装向きなのか?どちらとも言えないヽ(#`Д´)ノ

まぁ~積んでいるガンプラを全部消化していきます。テンションダウンのキットもありますが(T_T)意外と旧キットが一番熱いかもだ(笑)

プラモデル制作を始める方は薄刃のニッパーをお薦めします。

まぁ~自分は上手くもないので説得力はないですが、時代と価格競争でこうなったのかなぁ~?そう思いました(泣)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ