さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2016年11月

ガンダムバルバトスルプス制作で、乾燥待ちの間に(・◇・)ゞ

またクマだ~!私・・・クマと縁があるのか?ゲーム友達からベアッガイ(笑)
そしてガチ友からママッガイ&プッチガイ(笑)・・・|ω`*)ρ

もう1人のゲーム友達はプラモについて熱く語れる熊本県民なのである(笑)

も・も・・・もうクマになるしかないΣ( ̄ロ ̄|||)人生をリスポーーーン!
可愛いクマになろう(笑)

友達は笑い優先でプラモを贈ってくる(*´Д`*)おかげで腹筋パッキパキ(笑いすぎた)

これこそガンプラだ(⌒∇⌒)ママッガイも良いキットです。


DSCN2292
表面処理と合わせ目、下地吹きながら修正してます。

このキットは、初心者の方も組みやすく、愛着がわくキットです。
大きさもあり、私みたいな、おっさんにも優しい(/TДT)/


DSCN2291
画像の腕と脚のメカ部分は、ほとんどカバーで隠れるので、アバウトに楽しめる。

塗る範囲が広いので、色々な塗装方法やデザインも沢山考えて楽しめるキットです。
肉球が・・・可愛いですよね(笑)

また違う塗装方法で塗る予定ですが、う~ん出来るかな?

パーツ数もかなり少ないのでストレスになりません!バルバトス優先で合間に
下地完成させていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは!只今!絶賛失敗中です。
v( ̄∇ ̄)vおっさんになりすぎると、溶剤と塗料もダダこぼし(笑)

そこで新アイテムを購入しました。作業時間も短縮出来て、こぼす心配が減る

HIQパーツさんエアブラシ用DPボトルです。


DSCN2285
希釈した塗料用ボトル200mlと60mlです。プラモデル専門のメーカーなので安心

ヨドバシさんで200ml 362円 60ml 271円で購入しました。

模型用の塗料&溶剤以外は入れないで下さいと書いてます。注意して下さいね(・◇・)ゞ

200mlには溶剤や、よく使う塗料で、例えばサーフェイサー下地とかブラックとか?
私は溶剤と下地入れてます。

エアブラシを洗う時に凄く便利で、少量を出すのが特に便利です(´Д⊂)嬉しいの一言

100均でも代用出来そうな物もありますが、プラの材質も恐いし、プラモデル専用でないので
このボトルを選びました。ワンタッチで先端も開け閉め出来ると書いてますが
少し先端を回さないとダメですね。これもワンタッチだ(; ̄Д ̄)この時点で塗料が出ます。

HIQパーツさんノズル先端を引っ張っる&押し込むを、ワンタッチで出来ると
言いたかったのかな?ボトル使用後は必ず先端を回して締める事かな?


DSCN2286
こちら60mlのボトルです。計量の線も入ってます。200mlは赤線ですが(⌒∇⌒)
60ml 200mlどちらもガラス玉の様な物が入っていて混ぜやすくしてくれてます。
HIQパーツさん凄くありがたいです。

60mlは塗装するプラモデルによりますが、こちも便利かと思います。
エアブラシ塗装は結構、まめに洗ったり・・・色を作ったりなので(;´Д`)


DSCN2288
200mlです(⌒-⌒)捨てサフを入れて置いたり、溶剤入れに!
容量の多い溶剤は出来るだけ買わなかったですが、小出ししてボトルに入れて
溶剤は出来るだけ安全な場所へ(´・ω・`)


DSCN2287
先端ノズルですが、白い部分を少し回す。

色を入れるのが、黒い部分を回して外します。


DSCN2284
番外編になりますが、色の原液を作る場合の瓶(`・ω・´)

左からクレオスさんMr.カラー空き瓶10ml、色が無くなった瓶を洗ってます。

真ん中はタミヤさん20ml瓶、こちらはプラモデル始めた際に購入

右はクレオスさんMr.サーフェイサー空き瓶40mlです。こちらも洗ってストック

色が無くなった瓶も凄く活用出来ます。更にメーカーさんや種類での大きさも違ったりするので、プラモデルの塗る面積によって、瓶の容量を選んで使用出来ます。

少し番外編もありますが、HIQパーツさんボトルは凄く使いやすかったです。(*・ω・)ノ
少しダダ漏れな私には嬉しいアイテムです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

寄り道程度で考えていた・・・HGガンダムバルバトスルプスが(笑)
結構大変だq|゚Д゚|pパーツ1個の塗装が綺麗にいくと、2個失敗(笑)マイナスですね( ̄0 ̄;ノ

武器セットも制作してるので・・・結構疲れたよ~Σ( ̄ロ ̄|||)テストも結構あるのに?


DSCN2278
こちら武器セットに入っている平手なのですが・・・もう気になり改造決行!

瞬間接着剤&シッカロールとエポキシパテで、角度アップと鋭く改造中
バルバトスルプスは、特に指が今までに無いインパクトなデザイン(・∀・)

結構好きなデザイン!


DSCN2283
モデルグラフィックス11月号に付属されていた『鉄血のオルフェンズ』水転写デカール
貼り付けながら・・・う~ん違うかな?ラップを歌っている様な独り言『オォーイェー』


DSCN2281
腕まわりは内側を塗らないとダメでして・・・(;´Д`)外しております。

塗り分けが結構多いし、裏も塗らないとダメな部分で、目立つし(((( ;゚д゚)))

困った、こりゃ終わらんぞ(笑)デカールも結構貼った部分が目立つので
トップコートクリアー吹いて、少し研ぎ出し予定なのです。

また擦り削る・・・指がっ!もう指がっ(笑)元気玉をオラに!

テンションが下がる前に、疲れが(; ̄Д ̄)


さと山はやくそうを使った・・・。。。。

さと山はHPが逆に下がった・・・。。。。

バルバトスルプスがこっちを見てる・・・Σ(=゚ω゚=;)

さと山『頑張るしかない』コマンドを入れた・・・。

制作している皆様へ!ベホマズンヾ(´ω`=´ω`)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今・・・凹んでます。゜゜(´□`。)°゜。ユーキヤコンコン(#`皿´) ムキーーーー!

バルバトスルプスは手の指が爪みたいになってるのですがヽ(#`Д´)ノ
付属されてる手は普通で、平手も無し・・・値段的に分かりますが(≧ヘ≦)

別売りの武器セットに平手が付属・・・ここまでは良いです?

ここから~(怒)握ってる手が、また別武器セットに付属、完全に爪の部分が変更で・・・
『はじめからキットに付属して欲しかった』バンダイさん良いキットも多いのに(´;ω;`)

少し値段がアップしても買うよ好きならば?残念としか言えない(泣)
余裕がある人なら良いて問題でも無い・・・テンションが下がってしまうヽ(TдT)ノ

楽しくない・・・(泣)色のテストや技法探ししてる方が楽しいかな?

また自分探しだ(笑)とりあえずバルバトスルプス終わらせよう!


DSCN2246
塗り分けが・・・ラッカー塗料とエナメル塗料を同じ感じで、色を出すのが難しい
塗料メーカーさんも違うと、色が全然違うんですよね。

このバルバトスのメカ部分はMr.カラーネイビーブルーで、バックパックの
中の色をエナメル塗料で近づけました。基本あまり色ないので、1色派で(笑)


DSCN2241
説明書ではブルー部分も混ぜてと書いてますが(`・ω・´)
Mr.カラーコバルトブルーで結構良い色になる!自分は黒下地なので、少し
暗いブルーになってます。普通のブルーより明るいです(⌒∇⌒)

膝のマーク(グリーン部)出来るだけマスキングして、エナメルのクロームシルバーで塗り
一度エナメル溶剤で拭き取り、またマスキングして(; ̄Д ̄)

タミヤエナメル塗料のクリアーグリーン50%+エナメルクリアー50%位かな?

薄く塗っていく~!拭き取りは慎重にキャンディ塗装をワンポイントで
タミヤエナメル塗料のクリアー色は結構な濃さと隠ぺい力(いんぺいりょく)あるので、クリアーで薄めると少しづつグリーンが乗っていくので、バルバトスて感じに(勝手に自分で思ってる)

本来ならグリーンにイエローを混ぜると、黄緑系になるのですが、タミヤクリアーイエローは
結構・・・オレンジに近い感じで良い色にならない・・・かな?

クリアー塗料は、重ね塗りでもかなり色の変化があるので、試し吹きをお薦めします。


DSCN2240
こんな感じなボヤキ&愚痴でしたが『許して下さい』

後は本当に皆様の好みもありますのでお許しを(;´Д`)では楽しい制作を!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

うぅ~!ヽ(TдT)ノガンダムバルバトスルプス大変だ~!

HGクラスがどんどん小さくなってきた様な?総合的に良いキットだと思います。
ただ(ノД`)塗り分けの多さと、結構パーツ裏もかなり目立ちます。

もう新作HGはこれで最後と思ってるので、頑張って細かく塗ってみよう(`・ω・´)
ドクターXの様に『私失敗しませんから』・・・言ってみたいものだ(笑)

さと山Xは『いつも失敗しますが?何か?』えぇ~また失敗の連続です。


DSCN2228
塗って気がつく箇所・・・『ここも見えるのか?』そんなこんなで追加塗装&塗り分け(; ̄Д ̄)


DSCN2229
まだまだ塗り分けが・・・後ろは特に目立ちます。


DSCN2230
もう・・・心が折れそうv( ̄∇ ̄)vマスキングも凹凸がありすぎて難しいです。


DSCN2232
腰部分も加工中ですが・・・もう私・・・鳥になりたい(笑)さと山ウィィィーングヾ(´ω`=´ω`)ノ

本当に時代が変わったんだと思った(´Д⊂)もうおっさんな私はキツイです(笑)
やっぱり気持ち的に、楽しいと思えるプラモデル制作が一番良いですね。

あっ!このバルバトスルプスは平手やメイス、付属されてないので
別の武器セット購入しないとダメなので注意して下さいね^^

では皆様へ!さと山ウィィィィィィーング!楽しく参りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ