さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2017年03月

こんなヘナチョコな(´Д⊂)さと山ブログへコメントを頂き嬉しく思います。

今も失敗続きですが、失敗したから記事にナール部分もあり(ポジティブ)

今回はコメント頂いた方やチャレンジする方へ動画を久しぶりにアップしますね。
参考になれば良いですが^^;





キャンディ塗装の注意点2017(さと山失敗談)


◆はめ込み部分はマスキングする。
はめ込み部分に色がどんどん付着していき、いざ出来上がりはめ込むと(; ̄Д ̄)
N~~~~O!!パーツ自体が膨らみ色やパーツにヒビが入ります(さと山談)

貼りにくい部分はマスキングゾル(水溶性)液体マスキングで、水で溶けてくれます。

◆シルバーとクリアー色の定着
(食い付き)あまり良くないので・・・希釈(溶剤は少なめ)
最初は3.5倍で塗ってましたが、塗料に対して、溶剤を入れすぎるとシャバシャバになり
塗った時にブッハハハ圧力で色が偏る訳ですが、食い付きも溶剤入れすぎると悪くなる感じ

今は塗料1に対して、溶剤2.5倍~3倍で塗ってます。

◆溝や角はクリアー色乗りにくい
一気に厚塗りすると、露骨に角部分にシルバーが出て・・・肝心のクリアー色が塗れてない
参ったぜこりゃq|゚Д゚|p

対処方法で、最初に出来るだけ溝や角を薄く塗る!クリアー色は塗った部分が特に露骨に
変化します。最初に薄く膜を作っておくと塗りやすくなる感じがします。

◆圧力とエアブラシの距離
圧力上げ過ぎると、色が偏ります。圧力を上げるとエアブラシ先端距離を離さないと
ブッハハハになり(; ̄Д ̄)ヒィィ~失敗確定になります。圧力もあまり上げる事もなく
まずエアブラシ先端の距離で自分のやりやすい距離を探す事が良いかもです。

あとエアブラシ後方のつまみ調整部分ですが、そこで色の出る量も調整されます。
動画で少し説明してますが、キャンディ塗装の場合は特に色の出る量と
一気にボタン(トリガー)を押してしまうので、指で調整しながら、やりやすい自分塗り方法を見つけて下さい。

これからチャレンジする方へ『失敗は私がします!』ある意味失敗な記事で
皆様へエールを送るv( ̄∇ ̄)vファイトー!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんばんは!(*^・ェ・)ノもう春ですね。

今回ママッガイ制作で、桜柄をどうしても入れたく・・・何故でしょうね?
桜の花を見ると思いでと申しますか!じ~ちゃんを思い出す。

だから今回は一枚一枚、切り抜き塗装したかったのです。後は同じマンションに
住んでいた幼馴染の家族皆様(;´Д`)母親が夜に仕事だった事と、父親が居なかった自分に
お弁当まで作ってくれて花見に行った事(*´Д`*)本当に良い想い出です。

花でこんな気持ちになれて・・・親にも感謝です。

どんどん制作スピードも落ちてます。果てしなく遅く・・・もう桜咲いて終わる頃に
完成になるかな?予定は未定なのでアール(`・ω・´)

老眼と言うか?見える範囲が狭くなってる感じで、ルーペかけると距離感がつかめず(泣)
頭痛で『オエッパ~ゲロゲロ』あはは・・・笑え俺!!

失敗だらけで『こんなに色塗れなかったかな?』自分でそう思いながら、今の自分を見る

でも^^良い想い出と共に制作してるので、なんとか後少しで完成出来そうです。


DSCN2581
方眼紙の上にマスキングを貼り、デザインナイフでくり貫きです。
今回はラップキャンディ塗装、グラデーション塗装、スターバースト塗装!盛り沢山

もう花びら何枚切ったか憶えてない(笑)何故なら失敗が多すぎる( ̄0 ̄;ノ
おぉ~今日もイイ感じ!


DSCN2580
ぬはぁ~ガタガタ(´・ω・`)ちゃんとデザイン画描けば良かった?
もっと和風にと思いましたが、今の自分では限界かな(泣)

じ~ちゃんや幼馴染の思い出や色々あった事を思い出しながら制作して、懐かしい塗装に『おぉ~昔やったね!』そう言いながら制作中です^^実に失敗だらけですが(笑)

また近くの公園にでも行って!桜を見に行こうと思います。

皆様も良い春を迎えて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前記事で、エナメル塗料の上から油性アクリルラッカーを塗るを実行です。

今回は手順方法と、初ラップ塗装での感想を書いてまいります。

もちろん専門的に言うとダメなのかも知れないので、自己責任になりますので
テスト吹きで試してみて下さい。


IMG_0235
まだ研ぎ出し(波打ってるクリアーを削る)してませんが・・・(`・ω・´)

初ラップなのでこんな感じです。下の画像から方法を載せてます。
是非チャレンジしたい方は共に頑張りましょう!



スナップショット 1 (2017-03-14 22-35)
まずは方法からです。家で使ってるクレラップを使用!
テストを繰り返しましたが、まずラップを丸めてシワを出した方が良いかと?

もちろんどんなシワ(模様)にするかで変わりますが、露骨にシワが欲しい方は
この方法が良い感じがします。

ベース色(自分の場合ママッガイのレッドパープル部分)になります。
必ず油性アクリルラッカートップコート(透明)吹き付けてコーティングして下さい。

エナメル塗料シルバーが失敗した場合、エナメル溶剤で拭き取りをするのですが
結構ラッカーの塗装膜が剥がれてきます。塗ったベース色を保護する為にトップコート
私・・・きっとシルバー失敗するに決まってる( ̄∠  ̄ )ノ


スナップショット 2 (2017-03-14 22-39)

タミヤさんエナメル塗料 クロームシルバーを筆塗り!
※注意 出来るだけエナメル溶剤を使わない様に!塗料がドロドロの場合は
ほんの少しだけ使い、筆塗りで塗りやすい量で薄めて下さい。


スナップショット 3 (2017-03-14 22-40)
いざラップへ!テストして分かった事ですが、シワを露骨に出したい
『そこのあなた!?』ラップを丸めて、ラップを二つ折りにして下さい。

シルバーを部分的に塗り、ラップを貼り付けて手のひらで『優し~く!』押さえてあげる(⌒-⌒)

そしてすぐラップを剥がす!『なんか悪い事したのか?』そう思うほど、すぐ剥がす(笑)

エナメル塗料は乾きが遅いので、ラップを剥がして、上手く模様が出ない場合は
すぐにまた貼り付け・・・部分的に塗るので境目をボカす為に貼り付けしたり!


DSCN2565

スナップショット 5 (2017-03-14 22-42)
失敗した場合はエナメル溶剤を少量で拭き取ります。
部分的に出来るので、自分好みな模様に(o^∇^o)油性アクリルラッカーよりは
凸凹もマシな感じがします。


エナメル塗料の上に油性アクリルラッカーを塗ると!どうなる?


テストした結果ですが、エナメル塗料クロームシルバーをラップで模様を付けて
キャンデ塗装と同じ方法で、油性アクリルラッカー(クレオスMr.カラーGXクリアピンク)
で塗りました。ラッカー溶剤はガイアさんブラシマスター(リターダー入り)

希釈(塗料1:溶剤3)で何時もと変わらずで薄めて塗装!
1層目吹き付けは、エアブラシ調整(後方のひねり)中間で調整・・・(; ̄Д ̄)
そして出来るだけ気を使い薄く色が乗る程度へ『これも何時もと変わらないかな?』

一番思った事?エナメル塗料シルバーの上から、油性ラッカーを薄く何層も重ねて閉じ込めてあげる事かと思います。クリアー色は普通の色と少し違うのかな?

クリアー色の後にトップコート(透明)吹きつけで更に凹凸が無くなり・・・自分的ですが
問題なく塗れました。缶スプレーや筆塗りはキツイかもですね。

塗料も溶けて食い付きが良くなるのかな?う~ん(謎)

自分的な考えですが、塗ろうと思えば塗れるかな~?失敗したら自爆ですが(笑)ABS樹脂もガンガン塗りますし(汗)

今回のラップ塗装はある意味!凄く勉強になりました。自分の場合失敗ばかりなので
気にしてない部分があります。そら~知らない事だらけなので失敗もあるさ(笑)

時に私(´・ω・`)発想や想像が無い時!アースウィンド&ファイヤー『宇宙のファンタジー♪』
聞きながら『宇宙の神よ~発想を下さい?』と1人ツイッター(笑)

では今回はこの辺で^^気になる方はチャレンジしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

本日も絶賛失敗中!今回の記事はキャンディ塗装の下地で、どんな色になるの?

キャンディ塗装だから、下地をシルバーにしないとダメ?そんな事もなく( ̄0 ̄;ノ
自由に塗ってみよう!自分色を作るのも制作での楽しみですよね。


DSCN2570
DSCN2569
今回は下地を4色メタリック系です。
画像左から!Mr.カラーシルバー(銀) 焼鉄色 カッパー(銅) ゴールド(金)

すべてメタリック系を塗る前に、ブラック下地にしています。
今回はテストなので希釈(塗料1:溶剤3)でトップコート(透明)は入れず
そのまま色を使い3層仕上げで統一してます。





Mr.カラーシリーズ クリア色の9種類

satoiro1
クリアー色ですが、Mr.カラーシリーズの9色を使ってみました。
それぞれ4色の下地に塗っていきます。


satoiro2
こちらは透明スプーンにクリアー色だけをサンプルとして塗ってます。


IMG_0214
◆Mr.カラークリアーレッド
下地は左から シルバー(銀) 焼鉄色 カッパー(銅) ゴールド(金)の順で統一してます。

シルバー下地は一番明るい印象!焼鉄色はメタリック粒子が粗く、濃い色に発色しますね。
カッパー下地はシルバーより、はっきりレッドが出る感じで、ゴールドは薄く下地が出て
オレンジよりなレッドになります。


IMG_0215
◆クリアーオレンジ
下地 焼鉄色がブラウン系になり・・・他は結構微妙にしか変化しませんね(; ̄Д ̄)
塗る層を重ねると変化がもう少しあるかも?


IMG_0216
◆クリアーイエロー
下地シルバーは、何故か?たくわん漬物系になる?層を増やすと良くなる感じかな?
焼鉄色は味がある深みのある色に変化!カッパー&ゴールドは
カッパーの粒子がゴールドより粗めで、ゴールドは明るいゴールドになる感じが?


IMG_0218
◆クリアーブルー
結構な変化!焼鉄色は画像で分かると思います。シルバーとカッパーは
シルバーより少し濃いブルーで粒子が、シルバーより露骨にでる感じです。

ゴールドがエメラルドよりなブルーに変化して良い色になります。


IMG_0217
◆クリアーグリーン
シルバー下地・・・もう少し濃いグリーンになると思ってたΣ(=゚ω゚=;)
カッパー&ゴールドは微妙な変化で、ゴールドの方が下地の色が若干出て
黄緑系?虫のカナブンを思い出す(笑)


IMG_0219
◆スモークグレー
こちらは下地色に薄くスモーク(曇り)がかかった感じです。
こちらは何度か使用してますが、逆に層を重ねない程度が一番良い感じになると思います。

メカ部分に薄く吹くと、味があるメカ部分になります。


IMG_0221
◆Mr.カラーGXクリアブラウン
少しクリアーオレンジと似ていますが、濃いブラウンと考えて頂けたら(´・ω・`)
カッパー&ゴールドは分かりずらいかもです。
カッパーの方が粒子が少し粗めに出てる感じ?


IMG_0213
◆GXクリアピンク
凄い色の変化が見れます。焼鉄色だとパープルになり、ゴールドだと
レッドパープル系に、カッパーはなんと言えば良いか『分からんけど良い色だぬ~ん』


IMG_0220
◆GXクリアブラック
この色も画像では分かりにくいですが、凄く変化してるんですよ!
カッパー&ゴールドは下地が一番出ていて、メカ部分や外装部分にも活躍しそうな色です。

ガンダムヴィダールの色に悩んでましたが、これを使用したいと思います。


IMG_0223
ママッガイのランドセル(笑)ブラック塗り、角と溝を残す様に焼鉄色吹き
GXクリアブラウンを吹きました。下地での色の変化でカナブン系に^^


IMG_0224
下地もメタリック系だけでなく、色々試すと良い色に出会えるかもです。

もちろん塗る層での変化もあったり!自分色を探す事も、すべて勉強になると思ってます。
この記事が皆様の参考になってくれれば嬉しいです。

一生懸命に頑張ってる人たちへ『楽しもうじぇぇぇ』v( ̄∇ ̄)v

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

『今日は人生初のラップ塗装を行う』・・・24時間以内だ~ジャックになりきり(笑)

まだテスト中と言うか?問題点と言うか(´・ω・`)納得がいかない感じもありつつ!


DSCN2551
ラップ塗装の説明ですが、この画像のママッガイのベース色(パープル系)を塗り
乾燥させて、キャンディ塗装と同じ感じで、シルバーを部分的に塗り
すぐに塗ったシルバー部分にラップを貼り付けてシワを出して、はがすとシワが
良いマダラ模様になります。


DSCN2555
画像左がラップを貼り付けて剥がした状態です。右はその上からクリアーピンクで
塗ってます。ラップを丸めて、スタンプの様にするラップ塗装もありますがΣ( ̄ロ ̄|||)

自分はシワ部分を出したく、塗って、貼り付けて、剥がすを実行!

いや・・・ここからが問題点である(意外と気にしてない自分)

◆問題点1
ベース色(パープル系)は油性アクリルラッカーで塗り!シルバーはエナメル塗料なのです。

エナメル塗料の上から油性ラッカーはダメとされています。エナメルが溶けたり?
ヒビの様になったり、剥がれたり?シルバーの上からクリアー色を塗る訳です。
でも・・・自分はガンガンにトップコートも油性ラッカーで塗っていました(笑)

今まで一回も溶けたり、もろくなったりが無いのです(; ̄Д ̄)?

◆問題点2
油性ラッカーのシルバーで塗ると鬼乾燥が速く、ベース色まで混ざってしまったり!
凸凹も激しくなるのです。一回ラップの貼り付けが失敗するとアウトになる(泣)

何故にシルバーをエナメルにしたのか?エナメル塗料は乾きも遅く、伸びる!更にベース色(油性アクリルラッカー)で塗り、その上から油性アクリルラッカーのトップコート(透明)で
コーティングしてからエナメル塗料シルバーを塗りました。

まず自分が気に入った模様やシワにならないと『いや・・・もう普通に塗るか?』
まず心が一撃で破壊(´;ω;`)エルサの気持ちになり『レリゴーレリゴー♪』

汚いおっさんの私が歌う訳です(笑)エナメルだと拭き取れる・・・失敗も出来るv( ̄∇ ̄)v
ガンプラは凹凸がありすぎるので、かなり難しいですよね。

◎解決策はあるのか?
油性ラッカーなら希釈(溶剤)を多めに入れる?でも失敗は出来ない(レリゴー♪)

もうスタンプの様な模様でいこうか?これならラッカーでもクリア出来る(でもイヤだ)

鼻をほじりながら『このシルバーはラッカー系やで』自分催眠に(笑)

ABS樹脂塗装もそうですが、メーカーさんは塗らないで下さいと書いてますが、薄く塗装を
重ねると、意外と良い感じになったり(笑)今回はエナメルで頑張ります。溶剤量も考えてやってみます。


DSCN2556
別スプーンを重ねてグリーン系の色の目安を(あくまでも目安です)
このエナメルシルバーは筆で塗ってます。アバウトに!


DSCN2557
このゴルニャンですが、火の玉の部分の濃いメタリックブルーが、エナメル塗料で
トップコートは油性ラッカーですが問題ないんですよね?

テストを繰り返しつつチャレンジしてみますので、またちゃんと良い答えが見つかれば、アップしますね( ´∀`)悲報だったら笑ってやって下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ