さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

2018年03月

春がもうそこに!ワタクシ最近(`・ω・´)五輪真弓さんの『恋人よ』その歌を聴いて
恋人もいないのに(笑)この人の歌と詩は素晴らしい!独創的でこの人しか歌えない!

枯れ葉散る~夕暮れは♪恋び~~~~とよ傍に居て(T_T)恋人いない上に毛根散る(笑)いいのよ!笑っても・・・自分の毛根ウケる!

では何時ものアホなボケは終わりにして本題!キャンディ塗装、グロス塗装(艶あり塗装)
必ず欠かせないヤスリでの表面処理!紙ヤスリ、布ヤスリ、スポンジヤスリやら
色々ありますよね。

プラモデル始めたばかりの人は、どれ使えばイイの?まずそう思ってしまう!

耐水と普通の紙ヤスリも悩むと思います。耐水は基本は水を付けながら処理も出来ます。
もちろん水無しでも削る事も出来ます。空研ぎと言うのですが、空研ぎは
削ってる部分が分かりやすいです。でも目詰まりや、粉がかなり出るので結構大変です。

紙ヤスリや布ヤスリも各メーカーさんで番手があるのですが、多分バラバラで、私もかなり色々使ってますが、普通に削る分には、手に入りやすいタミヤさんの耐水ペーパー1000番
800番、600番、400番、320番で削ります。セットの物も出てます。

曲面部分はスポンジヤスリもあるのですが、結構高いです。

今回のお題は!キャンディ塗装や艶あり塗装で必要な、説明が難しいですが(TДT)
高番手(数字が高いほど細かく削れる)

2000番なら結構売ってますが、それ以上の番手があまり無く、ホームセンターで売っている紙ヤスリ系も、凄く深い傷になるのです。キャンディ塗装は繊細な作業で
塗った塗料の歪みを削り、ヤスリの傷を高い番手のヤスリで消して行き
更に研磨剤(コンパウンド系)で傷を消して光沢を出します。

今回のテストはプラモデル道具の匠『ゴッドハンドさん』神ヤス!磨MIGAKI


DSCN2843
まさかジョーシンさんにあると思わず、悩んだ結果購入!税込み540円
ニッパーも凄く有名ですが、スポンジヤスリも評判イイですよね。


DSCN2849
紙ではなく、布ヤスリでスポンジが付いています。水と空研ぎもOKです。
値段的には高く感じる大きさですが、耐久性があるのと、番手で色分け表示が
されている事が嬉しい限りです。


DSCN2844
2000番前後の耐水ペーパー(ヤスリ)はあるのですが、コンパウンド粗目で
傷を根気よく磨かないと消えなかったです。

あと友達にもらった、バフレックス3000番も使い、神ヤスで磨いていきました。

空研ぎをして最後に水研ぎして削ってます。色分けが本当に便利!


DSCN2845
DSCN2856
4000番は最初、引っかかりがあって大丈夫かな?削り過ぎてないかな?
そう思いつつ『おぉ~結構滑らかに削れてる。』

スポンジも硬くもなく柔らかくもなく、目詰まりも意外にしない事もビックリ?


DSCN2846
DSCN2858
ウホウホ(((( ;゚д゚)))吠えたね。これ使いやすいと思った!4000番の傷が
薄っすら消えて行き、もう若干・・・私の頭皮に(やめろ~眩しい)


DSCN2847
DSCN2860
テストするプラモキットを間違えてる自分に反省です。凸凹だと削りにくいし(笑)
わかりやすいキットですれば良かった(;´Д`)磨きが甘い部分は曇りがあります。

曇りが強い場合は、番手下げて磨き直し(汗)でも艶が出てますよね。


DSCN2848
DSCN2862
10000番!もうピカピカ(ワタシスコシ・・・ピカチュウ)電撃は出ません!
磨いてる感想としまして、爪磨きの感触・・・代用も出来るかもだな?

本当に私的にですが、かなり使いやすいです。目詰まりで磨きにくい時も
水で洗うと結構戻ります。

今回のテストでの感想ですが、表面も滑らかで、スポンジも腰があって
適度な柔軟性があるので、凄く磨き安いです。


DSCN2850
スジボリ堂さんのシステムコンパウンド、値段は高めで1000円前後です。
かなり量が少ないですが、タミヤさんコンパウンドより液体に近い点で
使いやすい部分もあります。かなりの光沢はどのメーカーさんも同じレベルで
いかに塗料の層を滑らかに研ぎ出し出来るかで光沢値が変化すると思います。

悩んでる点ですが、コンパウンドの番手はどれがいいか?こんな光ると思ってなく
細目コンパウンドからいくか?仕上げコンパウンド?

また各メーカーさんでコンパウンド番手が違うので、余計に分からん(笑)
もう光ったらOKでしょうか?セラミックも要らないかも?


DSCN2854
久しぶりに良いアイテムを発見(。・ω・)ノ゙また購入しますか?そう聞かれたら買いますね。

塗装面の大きい凹凸は2000番でポイント的に削り、その周辺を3000番バフレックス
それか神ヤス♯4000で入念に削る。特に4000と6000は細かく削った方が綺麗になりますね。曇りがある部分は4000傷か6000傷が多かったです。

今回の神ヤスですが、キャンディ塗装を挑戦する方も使いやすいアイテムだと思います。

私も最初は2000番耐水ペーパーで挑戦したのですが、制作する事でどんどん
自分にとって使いやすい道具を探してテスト(笑)失敗も多いですが

この神ヤスは制作過程での時間短縮が出来る事と、初心者だから削り過ぎる部分を
少しリカバリーv( ̄∇ ̄)v

プラモデル制作において、塗装も難しいですが、研磨は特に難しく
仕上がりに左右されます。キャンディ塗装も研磨が上手い人の作品を見ると
『俺の頭皮が凸凹だからか?』流石に自分の頭皮は削れない訳です。

今回は別のヤスリでキャンディ塗装を磨いてみました。参考になればいいけど(汗)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年も早いですね。もう3月です(;´Д`)
どんどん制作する事も厳しくなって来ました。でも出来る限り頑張りたい!

今回はテストを兼ねての制作!ガイアノーツさんのクリアー色を使用して
ゴッドハンドさんの神ヤスの4000番、6000番、8000番、10000番の布のスポンジヤスリ
スジボリ堂さんのシステムコンパウンドを使ってみました。

今年は戌年なので、妖怪ウォッチの『しゅらコマ』を制作しました。
修羅の心を持つコマさん・・・伝説(レジェンド妖怪)フシギ族だったと思う?この妖怪は今年の1月にやっとテレビに登場しました。プラモはかなりフライング気味だった(*´ -`)

レジェンド妖怪なので、塗装もゴージャスに『しゅらバウワーwww』
煉獄の炎をキャンディ塗装で、メラメライオンより燃える炎Σ( ̄ロ ̄|||)
ホワイトの部分はダイヤモンドシルバーのパール(Mr.クリスタルカラー)をコッソリと
入れてます。全部ピカピカにしました。

やっぱり狛犬さんは神社で門番してくれてるので、ゴーーーーージャス(感謝を込めて)


DSCN2885
DSCN2884
ゴールド部分もコッソリ(笑)クリアーオレンジでゴージャスへ(* ̄∇ ̄*)
癒しのコマさんの先祖なのかな?しゅらコマはかなりいい加減で、テレビで笑った(*´Д`*)


DSCN2883
この眉毛・・・ゴルゴ13ぽく好きです。


DSCN2879
怒りの眉毛と手のパーツ&炎も付いてます。


DSCN2880
スイマセン・・・手の炎は塗り分けをしなかった(泣)もう限界だった?q|゚Д゚|p
もう耳の部分も色選びをミスってる!

いや人生もミスがほとんどなので『自分にしゅらバウワーW』

テストと感想の方はまた後日で記事にしたいと思います。

狛犬さん何時もご苦労様です。そして皆様にとって良い年になりますよに^^

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ