造型フィギュアの勉強を兼ねてv( ̄∇ ̄)v

グレイスカルピーを使用してますが、角や細い部分、薄い部分がボキボキと折れます。

やっぱりホットグリルはダメなのか?
でも固まってる感じはするのですがΣヾ( ̄0 ̄;ノ加熱の問題やろか?
ま~ええか(笑)そう独り言を呟きながら制作です。

うまるちゃん制作で特に折れそうな部分をエポキシパテに変更です。

エポキシパテの特徴は粘土の様にコネコネ出来ます。


DSCN1022
こちらエポキシパテです。この二つを混ぜる(こねる)と硬化します。
出来るだけ同じ量が良いです。こちらも色々タイプがあります(これ箱捨てたので分からん)

硬さは硬化後は強いです。柔軟性もある様に思えます。角がかける部分や
例えば服の裾部分、髪の毛部分も特に角を立たせたい、薄く作りたい!
そんな部分にお薦めです。

短所ですが、伸びが良くないかと思うので、部分的が良いかと思います。


DSCN1021
完全に硬化する前に手で少し曲げたり、ある程度をカットします。硬化すると硬さ(強)(; ̄Д ̄)オッサンまた腱鞘炎やがな(笑)

うまるちゃんの前髪は100均のアルミ針金を通してます。位置を調整するので
曲げやすいタイプにしました。


DSCN1024
俺の前歯かっ(笑)それにしてもやり直しだらけですね。
口も彫りこみしないと変ですね(゚ロ゚;)エェッ!?今日も問題なしな失敗です。


DSCN1023
ホットグリルで焼いている間にリアルな人間を練習です。焼かない限り
何度でもやり直せるので安心!

フフフ( ̄ー ̄)ニヤリッ!密かに女子も作ろうと・・・ピ~~~~●●(笑)