さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

カテゴリ: フィギュア制作

アニメは終わりましたがv( ̄∇ ̄)v制作していこうと思います(練習もかねて)

少し放置になってましたが、少し盛り付けて削り・・・アニメ録画を見ながら、やり直しばかり

2Dですが( -д-)ノ色々な方向のコマで一時停止で『う~ん違うかな?』
普通の顔なら良いのですが、丸ぽちゃUMRうまるなので・・・難しい(汗)

少しまとまって来ましたが・・・顔も立体出てないなぁ~(悔しい)

グレイスカルピー制作始めたばかりで造型は少しの盛り付け、カット、削るで!
かなり見栄えが変わります(泣)

只今の制作状況ですが、まだまだ道は険しいレベル(´Д⊂)


DSCN1400
仮組状態です(笑)腕や脚はグレイスカルピーでは厳しい!
髪も薄く削り少し盛り付けて立体出さないとですね!こう見たら、フード横幅も足りてない


DSCN1402
写真で見ると凄く分かり便利かもです。脚もガニマタにしましたが(笑)
グレイスカルピー折れる・・・エポキシパテが一番良いのですが、焼けない!
別パーツ化しないとダメですね。


DSCN1401
完全にグレイスカルピーは仕上げるのが難しいと思いました。
型を取ってプラキャスト?やったかな?流して仕上げかな!道は段々と険しい(笑)


DSCN1407
何で削っているかと言いますと、ほとんどデザインナイフと画像のルーターです。
かれこれ10年近くのレトロなルーター、内緒ですが、先がたまに空回りしてくれる
(エコなのかっ?)簡単に言えば壊れかけなのです。


DSCN1408
この先端の名前なんやったけ?専門用語嫌いなので、先端ですヾ(´ω`=´ω`)ノ
ルーターは今の時代だと、3000円~4000円前後で回転数変えれる物が売っていたり

先端もサイズがありますが、色々出てます。
粗く削る場合で使ったり、削りにくい部分をルーターで削ってます。

デザインナイフはカットだけでなく、刃で削ります。これはガンプラでのバリ取りでもやります(パーツ部分によりますが)

ペーパー掛けは400番でもすぐダメになるので結構厳しいです。表面を少しでも
綺麗にする場合は、エナメル溶剤を盛りつけた部分に筆で塗ります。
エナメル溶剤はスカルピーを溶かしている感じなので(・∀・)

少しキズが伸びて整えてからペーパー掛けすると結構ツルツルです。

少しやる事が多く完成してませんが、少しづつ進めますね^^

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近・・・ガンプラと妖怪ウォッチ制作で中々進んでいない『干物妹うまるちゃん』

久しぶりに制作です。少しやり直しで、シャツやフードが折れます。
バランスも悪いので一度、股部分に穴を開け、100均アルミ針金2mmで固定してみました。

う~ん?脚はガニ股に変更(笑)オープニングの歌に出てくるシーンが特にツボで(笑)

顔がふっくら丸めがUMRと考えて制作です。まだ修正だらけですが(汗)


DSCN1158
手が・・・宇宙人に(笑)マラカス見たいな物を振っているので♪
長めにアルミ針金1.5mmでマラカス部分まで針金通します。

ねんどろいどUMRうまるちゃんの様に腕と脚が太めなら安心ですが!
うまるちゃんは細い腕&脚が可愛いので、自分はアニメ版にチャレンジ(笑)


DSCN1159
髪は何回やってもスカルピーで折れるので、エポキシパテでやってますが
最近に出た前記事のクレオスさんのスカルプトクレイなら試す価値はありそうですね

写真に撮るとダメな箇所が分かりやすいですね。

フード横幅も少し削らねば(; ̄Д ̄)ノ恐るべしUMR!コーラとポテチのコンボ
久しぶりに自分もやりましたが『美味しいなぁ~』そんな感じで制作(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

かなり気になる製品を見つけました。

クレオスMr.スカルプトクレイです。造型でのオーブンで焼くタイプで
スカルピーと同じ感じですが、色々な方のブログやMr.ホビーさんのホームページをみました

自分は使った事ないですが、調べたところ、8月後半に出たみたいで、有名な造型師さんが
テストして作ったみたいですね。


特徴


フタル酸エステルと言う有害な・・・成分?検索したら難し過ぎて(笑)
それが含まれていないみたいです。

固めなので服や薄い部分に強そう(・◇・)ゞ

オーブン150℃で30分が目安!グレイスカルピーよりは時間がかかる設定
ホットグリルで考えると?50分位かかるかな(勝手に予想です)

焼いた部分に盛り付けも良さそう!伸びと粘りが分からないですが(予想)

グレイスカルピーより1g少ない(笑)

色がベージュで使いやすそう!日本メーカーなのでグレイ色も出そうな感じ


値段

値段もソコソコで定価は3000円前後で、ヨドバシなら2560円でお得です。
グレイスカルピーもそうですが、結構なグラムなので、高いと思いません。

品薄になりそうな感じなので早めが良いかもです。


何故?硬さにこだわるか?


柔らかい素材なら形を作りやすい・・・でも逆に形を作っている時に他の部分が型崩れする。

問題は硬化した時の硬さですが、硬い素材も逆に折れたりヒビが入る!

一番の理想は適度な柔軟性と密度?人間の骨の様な感じですね(笑)

グレイスカルピーは便利ですが、密度が無い感じがします。

理想はエポキシパテの様に適度な柔軟性・・・でも硬化すると削りにくい&手に引っ付くのが大変ですが、これも好みの問題ですね(´Д⊂)
スカルプトクレイがこれに近ければ凄く制作しやすそうな感じがします。

硬さにこだわるのは造型する際に必ず弱い部分との差が出てしまい
『また折れた~』や『削りにくぅ~』、もちろん初心者だから選ぶ事も重要で
楽しくストレスなく制作したいです。

素材選びも検索だけでは分からないので、使ってみる事も重要だと思いました。


制作とは?おっさんの叫び


フィギュアだけでなく、例えばストラップや、シルバーリングの練習にもなる
自分は造型もヘッポコですが、皆、始めから上手い人などいないのでヾ(=^▽^=)ノ

一番は時間も忘れるほど好きになれるかだけど、この素材も使いやすそうです。

もし購入しましたらテストして見ますので!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

フィギュア制作は時間を忘れてしまうほどハマってしまい、制作中の、うまるちゃんを
完全にパーツ分けのやり直しです。

型取りの勉強をかねてです。パーツ分けでの制作も難しいですが、かなりプラスになりそう

自分は造型技術は全然ですが、ホットグリルなら焦げる心配が無いので、
盛り付けて、焼いて、削っての繰り返しですが、楽しめますヾ(´ω`=´ω`)ノ

うまるちゃん(家バージョン)あかんツボですわぁ~!


DSCN1062
100均ショップに行ってまいりました。アルミ針金Ф1.5mmとФ2.0mmです。
前に買った針金は細すぎで、うまるちゃんは手と足が細いのですがアルミ針金Ф1.5mm
使用してみました。
胴体部分はФ2.0mmほどあった方が良いかもです。

アルミは柔らかい切りやすく曲げやすいので、使いやすいです。


DSCN1061
まだ胴体とフードをはめ込む部分は加工してませんが、完成した時に
穴を開けて、角棒ではめ込む部分を作りたいと思います。


DSCN1065
どうやって分けたか?簡単に言うと、顔をグレイスカルピーで造型
先にホットグリルで蒸し焼き、完全に冷ますと硬くなるので

その硬い顔を、グレイスカルピーに押し込む、※ここで注意です。
押し込んだ部分は伸ばさない様にです。

焼いたグレイスカルピーと焼いてないグレイスカルピーは引っ付きにくいので
それを利用です(笑)どうしても縮むので、ある程度ですが、パーツ分けが出来ると思います。

グレイスカルピーは縮む(肉ヤセ)しにくい方なので使いやすいと思います。

画像を撮ってなかったので、機会があれば撮りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

グレイスカルピーで、干物妹(ひもうと)うまるちゃん制作
その前に自分が迷走しています。

やり直しの連続で、ホットグリルでのグレイスカルピーの温度を上げたり
テスト繰り返してます。

温度を160℃でやってましたが、保温になるので、180℃で時間を30分~40分にして
焼いてみてますが・・・気持ち少し硬くなったかな?オーブン試していないので分かりません

最初に盛り付けたグレイスカルピーは、焼く(蒸し)すればするほど硬くなりますが、やっぱり細い部分や薄い部分は割れますね(ρ゚∩゚)

グレイスカルピーと、スーパースカルピー(肌色)固めを混ぜたい感じがします。

今回のうまるちゃんはやり直しで、パーツ分けしました。フード、顔、髪、胴体(首~腰)
股~脚の部分です。


※注意点


骨組みに使う物は鉄系やアルミ系針金、アルミホイル、木材、熱を加えても良い物です。

ホットグリルから出した後はかなり熱が篭ってるので火傷に注意です。


DSCN1043
DSCN1046
DSCN1044
うん絵のセンスも無く、このタイプのキャラ始めて制作で『おのれぇぇ』
結構やり直しても上手くいかず心と格闘です、

本当に自分のセンスと技術の無さと発想がなく迷走です。

日々人生もそうなように勉強と熱意かとおもいます。『ホンマ悔しいです。』

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ