さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

タグ:パチ組み

こんにちは!今日の記事内容はギャンさんのキットをパチ組みのパーツ色を
そのまま使い、合わせ目、溝の追加で製作していきたいと思います。

前記事でランナーパテの事を書いたのですが、そこもパチ組みでの白化を出来るだけ無いように、色々とテストしつつの記事になります。

今回はギャンのキット(パチ組み)での注意点と言うか、自分的な解説なのかな?





HGUCギャン

DSCN3003
パチ組みにスミ入れとトップコートで、全塗装ではない方法で製作が今回の目的です。

さすがに古いキットはパーツで分けられてないのでガンプラキットで左右されますね。
今回選んだのはギャンさんです。値段はヨドバシさんで944円です。


DSCN3004
製品素材はPSとPE(PC-002A)ポリキャップです。PSなので塗装OK!

パーツ数 約105個とポリキャップ18個=約123個です。間違ってたらごめんなさい!


IMG_0827
IMG_0830
IMG_0840
上手くパーツ分けされてます。手の部分は手首の部分だけが、合わせ目に(泣)
肩と腕は段落ちモールドで合わせ目が無い仕様!


IMG_0836
可動は凄いです。肩の可動は固くて胴体のポリキャップ部分からポロリ(´Д⊂)


DSCN3010
ビックリしたのが、胴体から腕をつけるポリキャップにカバーのパーツが(笑)
最近のガンプラも胴体のポリキャップがほとんどこのタイプなのですが
カバーある事がおどろき!


DSCN3005
足も前と後ろに合わせ目がでます。ランナーパテで対処したいと思います。


DSCN3006
後ろの足(笑)なぜか途中まで段落ちの溝があるけど、意味がない真ん中から合わせ目?
この部分も全部埋めたいですね。でも凄い作りやすいキットだと思います。


DSCN3007
頭部の下のパーツが合わせ目ありです。


DSCN3008
頭部のモノアイ部がてっきりブラックだと思っていたら、関節と同じ色でした。
安い値段なので理解!


DSCN3009
意外だった腰のスカート部、なんと裏打ちパーツがある。HGだとほとんど無し
設定なのに(マクベさんだからか?)


DSCN3013
つま先が北斗神拳をかけられた様に『おぉ~アタ~!』


IMG_0842
足裏に肉抜きが無い!首後方に肉抜くあるのですが、ほとんど隠れるレベルです。


IMG_0843
剣を持つ、持ち手の手首が可動するのが1個付いている。


DSCN3014
コクピット部とモノアイに貼るシール!この部分の貼り付けなら理解できます。


IMG_0832
IMG_0845
最近のガンプラは可動が半端ない(笑)可動オンリーな部分だけで塗装不向きが多い中で
こんなキットはありがたいです。ギャンさんはグラディエーターだ(笑)


IMG_0835
うぁ~カッコいいわ!ギャンさんパイロットは不健康そうなマクベさんだけど
ギャンてかなり人気あるのよね。このキットは良いです。

適度な溝で、製作する側も『あんなとこに溝入れようか?』その構想をねる事も
ガンプラ制作ですよね。

今ランナーパテでどこまで白化や失敗した部分をカバーできるのか?
テストと少しづつ溝彫ってます。また結果をアップしますね。

今回の記事はパチ組みのレビューになりますが、基本パーツ色をそのままで
制作していきます。悲報か朗報か(笑)お待ちくださいませ^^

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

さとやま格闘しております。心の叫び『おもろない世の中になってきたな!』
そうコッソリとボヤキを炸裂ヽ(#`Д´)ノ

今まさにテストヲタク魂がメラメラ!塗装無しでの時代の背景がある中で
もちろんエアブラシ塗装ともなると、結構な出費になります。

今の時代は塗装したがらない方も多いです。もう私も仲間になりたい程(笑)
塗装しない人たちにもお役にたつ記事を出したい気持ち(`・ω・´)

そこで前から結構ブログやSNSでも載っていた【ランナーパテ】をテスト実施して
改善策も探しながら、今日もドMになりトレジャーハンターになる(笑)


ランナーパテて何?


DSCN2989
パーツを切り離す前の物で、これその物がランナーと言えば良いでしょうか?

パーツを切って残った部分のランナーを、接着剤の中に刻んで入れて溶かして
そのパーツ色のパテとして使う様にします。

※パチ組み専用と考えて下さい。ABS樹脂のパーツは出来ません!メッキも無理だ!


なぜパチ組み専用なのか?


このランナーパテを使う最大の理由ですが、皆様が一番思ってる事でないでしょうか?

パーツをニッパー&カッターで切り取った時に、上手く切れてなかったり劣化してたりで『白化』になります。白化は切り取った部分が白くなる事を言います。

この白化がパチ組みの方の最大の敵で見栄えが変わりますよね。

もう一つ言うと綺麗に切り取っても、色が違ったりもします。バンダイさんのプラは気泡と言うか?スカスカ感があります。値段的に安い物は納得です。

ニッパーも入りにくいランナー&ゲートで、切ってる時にパーツ自体に穴も開きます。

合わせ目消しは接着剤で、パーツのプラを溶かし溝を消します。その方法と同じ感じです。





IMG_0816
瓶にテストなので少量です。白化部分を切り取って、その上から盛り付けます。
厚く盛り付け過ぎると乾きにくいので注意です。


IMG_0820
今回使った接着剤はタミヤさん流し込みタイプです。

どれが良いかはテストしないとですが、溶ける時間も量にもよりますが、切ったランナーが浸かる程度の接着剤を入れないとダメですね。後は好みもあるので適度に調整!

2時間程で表面が溶けてきますので、ランナーの棒で混ぜてあげると良いです。


IMG_0817
合わせ目消しも、若干ですが、色が変わってる感じで、見栄え的に良好でしょうか?
パチ組みの方たちは完全に素材パーツの色で勝負なので、同じプラ色をパテとして使う!


IMG_0818
白化を起こしている部分はそのままでランナーパテを盛り付けるとダメな感じがします。
白化部分をデザインナイフで切り取ってからのランナーパテだと少し見栄え的に
良いと感じました。まだテスト段階ですが(汗)


IMG_0821
かなりの厚みを盛り付けるのはダメかな~!う~ん難しいですね。


ランナーパテを使ってみた感想


私的ですが、ありだと思います。パチ組みの方でもリカバリーと考えて使う事もできます。
ニッパーで切る時に失敗して穴が開いた時だったり、白化を少しだけ見栄え良く見せる方法と考えたら使いやすいかもです。

弱点をあげると、素材がプラなので気泡が出来やすい点と大量に盛り付けには
適していないでしょうか?

あと瓶は必要かな?塗装しない人が前提なので、瓶だけ買わないとだめかな?
半日程度で溶ける(少量)です。瓶に入れておかないと表面が固まる恐れがある。

そんな感じでテストしてみました。まだまだ改善策はあるかもなので、ガンプラ1機を
ランナーパテ&スミ入れ&トップコートで仕上げてみたいですね。

全国の皆様!台風が来ているので、気をつけて下さいね。あっ!私の地域が凄い風です。
それでは皆様おやすみなさい!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久しぶりに『白い悪魔』ファーストガンダムを組みました。

時代と共にクオリティーが高くヾ(´ω`=´ω`)ノ凄いの一言ですね。

それではパチ組みレビューしたいと思います。さと山行きま~す!


DSCN0950
HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム(REVIVE)
パーツはA,B,C,SB-13(スチロール樹脂:PS)です。


DSCN0951
ポリキャップが(PC-002)ガンキャノンと同じです。


DSCN0952
こちらがSB-13です。同じスチロール樹脂でも違うんですね(笑)
Cパーツも柔らかいので注意です。


DSCN0953
今回のシール系はホイルシールだけです。


ボディー


DSCN0955
DSCN0956
色分けされてます。内部はガンキャノンと、ほとんど変わらない感じですが
首の部分がポリキャップで後方に肉抜きがあります。


DSCN0957
合わせ目部分は段差がついた溝が彫りこまれてます。(段落ちモールド)


ランドセル


DSCN0959
バーニアもガンキャノンと同じかと思います。


DSCN0960
ビームサーベルが意外とカッコイイです。予備は付属されてないので、取り外して使用です。



DSCN0965
顔パーツは合わせ目消しが必要ですね。まだ後ハメ加工を考えてないですが
加工しやすい印象が!更に目の部分がクリヤーパーツのイエローで感動です。



DSCN0970
今回、組んでみて腕が一番に優秀かと思えました。肩部分も、合わせ目消しがなく
そのままで十分です(つд⊂)ゴシゴシ!バンダイさんやりましてね。


DSCN0977
少し残念だった部分は、手の関節が最初から緩くなってる事だけが(笑)



DSCN0980
DSCN0981
もう最近だとお馴染みですね(笑)凄い可動です。


DSCN0982
脚の裏の肉抜きです。


DSCN0983
ふくらはぎに合わせ目消し箇所がありますが、ここは単独パーツなので
問題なく消せると思います。腰部分、撮り忘れました(笑)
腰もガンキャノンとほとんど作りは変わりません。


武器


DSCN1016
ハイパーバズーカとビームライフルは合わせ目消し箇所ありです。


DSCN0990
DSCN0992
DSCN0991
DSCN0993
DSCN0994
DSCN0996
DSCN1002
DSCN1003
盾も装備可能!カッコイイです。


DSCN1004
DSCN1005
ハイパーバズーカは腰の後方のパーツを外し、付属パーツで装備出来ます。


DSCN1006
DSCN1007
肩の可動が凄いです。値段も759円で・・・こんな動くのか?
感動しました。買う側で考えて、パーツ数も少なくストレスになりにくいのが更に良く
値段も安い設定なので、素晴らしいです(ノ◇≦。) ビェーン!!

このガンダムで少し制作をとめて、造型の勉強したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

動画て大変だな(笑)これから購入を考えてる人の為用に作ってみました。
買う前に気になったりするんですよね。どんな構造になってるか?

昔は箱を開けて見れたので、指定色も見て買えてました。少し動画の撮り方も
分かってきたので色々撮っていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

HGUC ガンキャノンを買ってまいりました。もうファーストガンダムはカッコイイんですよね。
若き日の懐かしさもあり、今の原型の技術の向上で『ここまで動くのか?』

かなりビックリですが、自分は気になった機体しか購入しません(*゚∀゚)っ
制作して喜びと楽しさが必要なのです。
今回はガンキャノンです。仮組(パチ組み)しながら、ランランラン♪どう制作するか考えます。

値段は1000円きります。ジョーシンさんで、税込み907円でした。


DSCN0815
かなりパーツ数は少なめです。今回もポリキャップPC-002(ポリエチレン:PE)
それ以外は(スチロール樹脂:PS)です。


DSCN0811
DSCN0798
付属パーツは、ビーム・ライフルと差し替えの手が2個とマーキングシールです。
シールの108がカイ・シデン機で、109がハヤト・コバヤシ機で203が別働隊の
機体番号て書いてます。


DSCN0799
大きさです。ガンタンクがボリュームあるので小さく感じますね(笑)


胸のパーツ


DSCN0743
DSCN0749
DSCN0750
DSCN0751
DSCN0752
素晴らしくまとまってる感じです。横の段落ちモールドも綺麗にあり制作しやすいです。


キャノン砲パーツ


DSCN0755
DSCN0756
パーツ目消し(合わせ目)ありますが、キャノン単独で処理出来るので良いですね。


DSCN0757

ランドセル パーツ


DSCN0758
DSCN0759
DSCN0760
この部分もパーツ目消しです。バーニアも後から付けれるので問題ないと思います。


頭のパーツ


DSCN0766
クリアパーツの部分を見ると、メカも内側にあってカッコイイです。


DSCN0765
パーツ目消し部分です。バルカン砲は白なので塗装が必要ですね。


腕のパーツ


DSCN0767
肘部分も上手くパーツ目消ししなくても良い仕様になってます。
追記※肘外側部分にパーツ目ありました。すいません!


DSCN0769
かなり動きます。


DSCN0768
肩の部分も上手く出来てます。パーツ目消し部分です。少し削るだけで
後ハメ処理出来そうです。


DSCN0770
DSCN0772



脚のパーツ


DSCN0775
この部分も上手くパーツ目消ししなくても良いパーツになってます。


DSCN0776
膝の部分はパーツ目消しが必要です。


DSCN0781
股の付け根部分もパーツ目消しが必要ですが、パーツが分かれているので
消しやすいと思います。


DSCN0783
DSCN0782
DSCN0785
肉抜きもなく良い脚裏です。


腰のパーツ


DSCN0778
DSCN0779
DSCN0780
HGガンダムユニコーンと同じ感じです。


武器


DSCN0777
ビーム・ライフルもパーツ目消しが必要です。

感想


パーツ数が少ないですが可動もして、パーツ目消しが凄くやりやすそうです。

ザクⅡよりは、扱いやすそうで、自分は大好きなプラモです。無駄に隠れる部分のメカも
あまり無く1/144スケールらしいキットと思います。


DSCN0794
DSCN0797
DSCN0796
DSCN0800
DSCN0792
DSCN0802
DSCN0801
DSCN0803
DSCN0806
DSCN0804
少しガンキャノン制作は先になるかもですが、頑張って楽しく作りたいと思います。
やっぱりカイ専用かな?(。・ω・)ノ゙

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ