さと山プラモデル

プラモデル制作オモチャの情報ブログ

タグ:HGUCガンキャノン

HG カスタマイズキャンペーン2015 ガトリングが、やっと完成です。

でもウェザリングマスターが失敗!薄く塗ってたはずが・・・圧力が少し強かったかな?
凄く凹んだ(ノ◇≦。) ビェーン!!

エナメル塗料で汚しすれば良かったです。色の設定は機体に合わせました。


DSCN1069
DSCN1068
ウェザリングマスターのシルバーが飛び散り・・・少し変になりました。


DSCN1075
DSCN1073
DSCN1077
ガンキャノンは、かなり悔やまれる制作でした。トップコートのザラザラ感(シルバリング)
今回のガトリングの一部分にブラック使いましたが、艶あり塗料の方が強いと痛感><
微妙に色の変化もあると思いました。

艶なしトップコートは溶剤を最後に噴く方が良いかと思いました。
友達が車やバイクを塗装してるのですが、少しだけ色入れて溶剤多めで噴けばザラつきが全然マシになるといってました。

今回の失敗も次の制作へ繋げたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

7月25日から始まりました。HG カスタマイズキャンペーン2015です。
HGプラモデルを購入すると貰える武器です。

A~Fの6種あります。自分はガトリングだけで十分です『ありがたや』


DSCN1014
DSCN1015
ガンキャノンに装備したく選んだのですが中々カッコイイです。


DSCN1027
内部の画像ですが、合わせ目ありで、中央にある、持つ部分を加工して
後ハメにしようと思います。

ガトリング先端部にガンダムに付属されている、ビームパーツSB-13を3本使用で
ジャベリンになります。自分は2本しかありません(笑)


DSCN1028
Bのバックパックアームがあれば背中にガトリングが装備で、後のパーツも
色々装備出来るみたいです。


DSCN1032
DSCN1030
夜勤勤務なので、夜に燃料タンクや他格納庫を迎撃をガトリングでドドドドド!

カイとハヤトはお昼に忙しく24時間は無理と言うか!『休ませてあげて~夜は』
宇宙も黒い機体なのでコッソリ仕様^^

ガトリング持ってるので、長距離は無理かもですね(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

なんとか制作できました。武器はビームライフルに接着剤がベッタリ流れ・・・溶けてしまうミス
25日から始まるキャンペーンでガトリングをGETして装備したいと思います。


DSCN0924
今回のイメージは別働隊203で、夜勤専用(笑)夜間に燃料タンクや極秘に爆撃隊!
カラーはXbox360のギアーズ・オブ・ウォー3に出てくるオニキスガードをモデルにしました。
精鋭部隊なのです。制作主のワタクシは老兵です(笑)


DSCN0914
DSCN0919
脚の部分・・・またミスしてしまった。段落ちモールドが浅く太ももと同じ様に
ブルーを入れようと思ったら幅もなく撃沈(笑)


DSCN0922



HGUC夜勤勤務だよ!ガンキャノン レシピ


■ 【表面処理】
400番~1500番でペーパ掛け

■ 【合わせ目消し】
肩、肘、膝、顔、キャノン砲、ランドセル、首の肉抜き部をプラ板加工

■ 【パーツ洗浄】
中性洗剤でポリキャップを除き洗浄です。

■ 【下地】
Mr.サーフェイサー1000、ガンキヤノンの関節部がキツイので薄く塗装しました。

■ 【塗装】
頭や胴体のベースカラーは、Mr.カラーつや消しブラック100%で、ウェザリングマスター
シルバーで薄く汚してます。

首、肩、肘、膝、脚の股関節部と脚首部はMr.カラー黒鉄色100%
ウェザリングマスターのシルバーで汚して半光沢トップコートを塗り、ウェザリングカラー
(マルチブラック)スミ入れです。

ダクト、モノアイ部、段落ちモールド部、腕の先端!ブルーの部分ですが
なんちゃってキャンディー塗装してます。ブラックの上からMr.カラーシルバーを塗り
Mr.カラークリアーブルー塗装(研ぎ出し)してません(汗)

キャノン砲、頭部のツバ、頭部アンテナ、バーニアはMr.カラーシルバーで塗りMr.カラー
スモークグレーで塗装しました。

ランドセル部は今回使ってみたかった、Mr.カラー焼鉄色です。少しブラウン系か?レッド系が混ざってる感じです。その上からスモークグレーを塗ってみました。

胴体部のイエローは半光沢トップコートを噴き、マスキングしてタミヤ フラットイエローを
塗って、はみ出た部分をエナメル溶剤で拭き取りました。

トップコートはベースのつや消し部分はつや消しトップで、それ以外は半光沢トップコートで
仕上げてます。

スミ入れは全てMr.ウェザリングカラー(マルチブラック)です。


DSCN0929
DSCN0930
DSCN0927
DSCN0928
肉抜き部の首もポリパテが乾かず、プラ板でやり直しでした('A`|||)


DSCN0931
DSCN0925
今回のガンキャノンは少し細めですが、これはこれで好きです。
少し残念な事はグレー系パーツが柔らかい事ですかね?凄く削りにくかった印象です。

今回は黒ベースでライトを持ってないワタクシは、撮影がかなり難しかったです(笑)
今回は予定変更ばかりでしたが、また勉強になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

台風も去りましたが・・・湿度が90%近いです

今回のガンキャノン制作において違う塗り方を実行しようと思い(つд⊂)ゴシゴシ

クリアー色を重ねて塗る勉強とマスキングを使い塗り分けです。
キャンディー塗装まではいきませんが、ベース色とクリアー色でかなり見栄えが変わります
まだあまり色がないですが結構楽しいです(笑)

ガンキャノンはボディー中央部に太めのモールド(溝)あるのですが
今回は、その部分をマスキングして少しメタルなクリアー塗装仕様です。

キャンディー塗装と同じ手順です。ブラック下地にシルバーで塗装してクリアー色を
噴いてみました。研ぎ出し(ペーパー掛け)はしてません(汗)

クリアー色の重ね塗りで色が結構変化するので難しいですが、発色が綺麗です。


DSCN0906
ダクトと目の部分です。Mr.カラーのクリアーブルーを塗ってます。中々楽しい色の変化です。重ね塗りをしないなら薄いメタルブルーにもなるので是非やってみて下さい(*´Д`*)

奥が深いであります。エヴァ初号機をこんな感じで塗りたくなる!


DSCN0902
地獄のマスキング!
※マスキングを貼る時の注意
マスキングをそのまま貼る事も良いですが、テープの外側にホコリが多い場合
塗装の妨げになりやすいです。一度、カッティングシート上でデザインナイフで
切る事をお薦めします。

アクセントで段落ちのモールド(溝)塗り分け!
メタリックブルーのエナメル塗料なら拭きとるだけで良かったのですが
エナメル塗料のメタリックブルーは少し濃いブルーなのでダクト色と同じにしたくチャレンジ

いつもならスミ入れで終了ですが『ネバーギブアップ』精神です(笑)

後少しで完成と思ってましたが、武器を放置して忘れてました。キャンペーンで7月25日スタートでHG買うとガトリングガン貰えると見たのでそれ装備かな?

ザクⅡも瞬間接着剤を注文するので積みプラを消化してまいります!

萌えあがれ~♪萌えあがれ~♪ガンダム!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

かなり地道な作業をしております(笑)今回は昔ながらの筆で汚しを入れております。

どうもウェザリングマスターの汚しは今回はイメージした感じにならずΣヾ( ̄0 ̄;ノ
筆&エナメルでゴシゴシ参ります。エアブラシでの汚しと違いますが、結構好きなんですよ

ガンプラは自分で妄想をしながら設定する楽しみもあるんですよね。ワタクシ今回も
完全に妄想族で自己満足ですが(笑)


DSCN0899
あまりエナメル塗料持ってないので今回は黒鉄色部分にエナメル塗料
クロームシルバーです。筆はボロボロになった物を毛先カット使用


DSCN0897
今回はステルス機をイメージしたので、ブラック系をメインで分けてみました。
関節部は黒鉄色で脚がマットブラック(; ̄Д ̄)マットブラックの汚し・・・何色にするか?
う~ん悩む?白かサンド系かな?砂漠に黒はステルス機と言えないね(笑)

純白だ・・・きっと!やってみて失敗も糧になるのでGOGO!


DSCN0898
少し汚し過ぎかな?左が汚しで右はまだ汚してません。
少しエナメル溶剤で落としながらですね。モールド(溝)は1回薄くトップコートを
噴いてスミ入れしたいと思います。筆も奥が深いですね!

ぼちぼち制作ですが、作ってないプラモがあるので(((( ;゚д゚)))
急がねば(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ